東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2012年12月23日

3GとWi-Fi その1



スマホのインタネットや通信システムのお話です。
まぁ、そんなに詳しいわけでは無いので、知ったかぶりの話くらいに聞いてください。


まず、今年の夏前までスマホじゃない携帯電話を使っていましたし、メールと通話だけ
だったので、通信方法とか全然興味も無かったし、気にしてませんでした。

その後、例のスマホに機種変更した後、「乗り換え」という記事で書いたように光回線の
会社を変更しました。
そして、スマートバリューにも加入したんですね。

で、携帯電話の頃とあまり変わらずにスマホ使ってました。
ISフラットとかいうパケット定額制に入っているので、パケット代とかいう悪魔の課金とは
全然、無関係にインタネットし放題で。

そうこうするうちに、auからセールスの電話があり、「今だとWi-Fi HOME SPOTで使用する
Wi-Fiルータが月額使用料が完全無料でずっと使用できるんです
」と言われました。

「Wi-Fi? ルータ? 自宅で無線?」とよく判らなかったので、とりあえずその場は
電話を切って、色々調べてみました。


キーワードは↓みたいなかんじですかね?

・3G

・Wi-Fi

・3GとWi-Fiの比較

・パケット通信

・回線不足


これらについて、ちょっと調べてみました。


◆3G

まず、これですね。良く聞きます。
これは 3rd. Generation(第3世代)のモバイルネットワーク(携帯電話回線)の略称です。

3世代というからには、当然第1世代も第2世代もあるわけです。
第1世代は自宅にあった黒電話と同じアナログ回線ですね。肩から掛けるスーツケース大の
機器が写真で残ってます。
第2世代は、デジタル通信方式ですね。PDCとかcdmaOneとかの規格がありました。

第3世代は、回線規格が海外と違っていたり、インタネット回線に繋げなかったりしたので
世界共通規格が出来て、それに則った通信規格ですね。

ま、最近の会話ででてくる「3G」は「Wi-Fi」と比較して「電話回線」であることを指してる
ようです。


◆Wi-Fi

これを「ウィーフィー」と読む人を知っていますが、実際には「ワイファイ」らしいです。
Wi-Fiは、「Wireless Fidelity」の略で、無線LANの規格です。
意味は「(再生が)高性能なワイヤレス」って感じでしょうか。

大昔に、レコードを聴くステレオでHi-Fi(ハイファイ)というのがありましたけど、あれも
High-Fidelity(高精度の再現性)の略でしたね。

で、Wi-Fiですけど、これは無線LANの業界団体のブランド名なんですね。
つまり、Wi-Fiは「無線LANが相互接続可能な機器を認証するお墨付き」みたいなもんなんですね。


◆3GとWi-Fiの比較

結局、この違いは「電話回線」を使って通話やインタネット接続するのが3G、無線LANで
「インタネット回線」経由でインタネットに接続するのがWi-Fiってことです。

・3Gはインタネット接続スピードが遅い、Wi-Fiは速い
・3Gは基地局が多く受信範囲が広いので繋がりやすく安定している。Wi-Fiは都市部中心
・3Gは電話回線なので通話できる。Wi-Fiはアプリを使用すれば通話可能
・3Gはパケット通信量に応じてパケット通信料金が加算される。Wi-Fiは基本無料



◆パケット通信

パケット通信とは、「データを複数のパケット(小包)と呼ばれる単位に分割して伝送する
方法らしいです。つまり携帯電話(3G)でインタネット回線とデータのやり取りをする際に
データはこのパケット単位で分割して基地局とやり取りしてるんです。

このパケットとは全社とも「1パケット=128バイト」らしいので、ヘッダ(パケットごとの
個体認識情報部分?)を除くとデータ部分は120バイトくらいですかね。
半角の文字だと120文字、漢字や絵文字なんかだと半分の60文字分が、1パケットで送受信
できるデータ量みたいです。

auのダブル定額という契約だと、1パケットあたり0.0525円です。

例えば300Kバイト(307,200バイト)の着メロをダウンロードすると、これを120で割った
数字(307,200÷120=2,560)に、パケット単価を掛けたもの(2,560×0.0525)の
134.4円が掛かるわけですね。

ちなみにダブル定額契約をしてないと、1パケット0.21円らしいので、このダウンロードには
537.6円もかかります。高い〜!


◆回線不足

これは3Gの問題なんですが、今までの3Gの電話回線でインタネット接続をすると、
通話時の10倍程度のパケットを必要とするって事らしいです。
あ、これは通話にはパケットは使用してなくて通話回線を使用してるんですけど、
3G回線の占有時間ってな事でしょうね。
さらに画像などのデータはどんどん大きなサイズになってきてますし。
要は「3Gの回線の占有時間が通話の10倍になる」って事ですね。

つまりスマホ利用者がどんどん増えているので、それに伴って3G回線の占有量も増加し
通話も繋がりにくくなるし、3Gを利用したインタネット接続も遅くなるって事です。




ということで、ここまで調べて、家庭内でスマホをインタネット回線に繋ぐルータを無料で
貸し出そうとする意図が判りました。

そう、3G回線が足りなくなってきたので、せめて家庭内ではWi-Fiを利用してインタネット
回線に接続して3G回線を空けて欲しいってことなんですね。


そして、Wi-Fiにすると良いことがあるんです。(auの説明ですけど)

・3G回線より、通信速度が7.8倍速くなる
・3G回線利用時より、バッテリーの使用時間が1.5倍
・YouTubeなどの動画試聴が高画質



うーん、それでいてWi-Fiルータ(スマホとインタネット回線を繋ぐ装置)が無料で
ずっとレンタルできるなら試してみない手はないかな・・と。

ということで、行きつけのauショップに行ってみました。



・・・と、長くなったので明日に続きます・・・



posted by グリーン at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。