東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年01月21日

カロリー その7


なんだか今夜未明から明日にかけて雪が降るかも・・・との予報ですね。
まぁ都心は積もっても1cmくらいということなので、大丈夫でしょうけど。
ただ、脆弱な都会・・・というより都会人が多いので、転んだりしないように気をつけて
くださいね。



さて、昨年の夏に「カロリー その6」という記事でアメリカに於いてこんな発表があり
ましたと書きました。


人工甘味料やステビアなどの非栄養甘味料は糖分の摂取量を減らす1つの手段ではあるが、
長期的にみると糖分の摂取を抑えて減量につなげる効果が実際にあるかどうかは証明できて
いない――。
米心臓協会と糖尿病学会がそんな共同見解を発表した。
( CNN 2012-7-11 )


まぁ、アメリカ人以外はみんな「知ってた!」と言いそうな事なんですけどね。


で、ここにきてついにこんな記事が出てきました。


清涼飲料大手の米コカ・コーラ、ペプシコ、それにドクターペッパー・スナップル・
グループは米国の炭酸飲料の消費減を反転させるのに苦戦している。
米国では水、コーヒー、それにその他のドリンクに手を伸ばす消費者が増えている。

 清涼飲料メーカーの懸念は増大している。炭酸飲料の売り上げ減少だ。
(日本 ウォール・ストリート・ジャーナル2013年 1月 21日月曜日)



詳しくはココ → 炭酸飲料の時代は終わりか



まぁ「炭酸飲料」と括ってしまってますけど、基本的には「炭酸」自体は消化のために
良さそうですよね。
問題なのは甘味料というか砂糖ですか。

日本ではけっこう前からお茶系だのカロリーゼロだのが流行ってますから、そうでも
ないんでしょうけど、アメリカでは以前の記事でも書きましたけど「肥満で国が傾く」って
マジメに心配してますし。

体格指数(BMI)というのがありますけど、30を越えるとけっこうな肥満らしいんですね。
で、アメリカ人の36%が30を越えて肥満なんだそうです。
さらに40を越えている人も6%くらいいるらしいです。


昔のアメリカ人はそんなに太って無かったイメージがありますよね。
じゃなんでアメリカ人は太るのかというと、こんな理由が言われています。

1.歩く機会が少ない
  ・自発的にスポーツクラブに通う以外に運動する場所がない
  ・歩道が整備されておらずクルマに頼らざるを得ない
  ・学校で体育の授業がほとんどない

2.人口の高齢化にともなう運動量の減少からの肥満

3.低所得者の食事は脂肪分糖分の多いファストフードや冷凍食が多い

4.肥満関連遺伝子の影響

5.日本人などからみれば明らかに食べ過ぎ、飲みすぎ

6.スプーン2杯のケチャップは「野菜」とみなす法律などの農業団体の圧力
  おかげで他の野菜を取らなくてもピザを食べれば菜食したと信じている
  また穀物大手スポンサーが「炭水化物は太る」という報道をさせない


うーん。
なんでしょうね、やっぱり土地が広いと移動には車を、農耕や工事には大規模な機械を
使うって発想になっちゃうんですけね。
確かに北海道の友人が東京に来ると「東京の人は信じられないくらい歩く」って言って
ますもん。
そういえばロシアの人も太ってるしなぁ。
あ、あれは寒さに耐えるためにしょうがないのか・・・

ま、そんなこと考えると「甘味飲料」だけが悪い訳じゃないみたいですけどね。
国民の健康より食品産業界の利権を守ってたり、政策とか法律の不備なんかや、環境整備
の問題なんかを、飲料メーカーに押しつけてるのかもしれないですね。


肥満だけじゃなくて喫煙なども「タバコ税払ってるし、自分の体なんだから好きにさせろ!
直接迷惑かけてないだろ?
」って言う人、けっこう居ますけど、年取ってからの医療費と
いうか国や地方自治体の税負担はそうとう大きいんですよね。
喫煙由来による呼吸器疾患の治療費の税負担は、タバコ税収を上回っていますし。


これからは健康であることも国民の義務になるかもしれませんね。

教育の義務
勤労の義務
納税の義務
健康の義務



ま、論理的指針ですけど、健康な方が良いのは確かですよ。
うん。









posted by グリーン at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

映画2013 Jan. - 東京家族 -



今日はやっと平年並みの気温とかで、昼間は案外暖かかったです。
ちょいと近所まで出かけたんですが、パーカーにダウンベストくらいで十分ってかんじ
でした。
ただ北側の日陰には積み上がった雪が残っていてヒンヤリしましたけどね。
来週は火曜日と木曜日に雪がちらつくという予報なので、もし雪が降ると前の雪が
溶ける前にまた雪が降るなんて、東京東部では滅多に見られない事態です。
交通機関が色々とありそう。


さて、今日は今年一本目の映画を観に行ってきました。
最近やたらとTVの各番組で宣伝しているあれです。

そう山田洋二監督の「東京家族」ですね。


東京家族.jpg

詳しくはココ → 東京家族公式サイト



初日なので内容については触れませんけど、ハンカチは1枚で大丈夫でした。
念のため2枚用意して行ったんですけどね^^;;

まぁ最後に「小津安二郎監督に捧げる」とあるように、小津監督の「東京物語」のリメイク
なんですね。ぶっちゃけ。
まぁ、最近ではオマージュとか言うんですけど。

小津監督の「東京物語」は世界的にも有名な作品で、いくつかオマージュという形で作品が
撮られてるみたいです。


この作品はどうでしょう・・・若い人がどんな感想を持つのか聴いてみたい気もします。
50を過ぎた人間がみると色々考えることも多いですけど。
もっと上の世代だと「こんなもんよねー」ってことらしいです。

映画館はものすごく平均年齢が高くて、60代が一番多かった様な気がします。
上映が終わって捌ける際に、聞こえてくる会話は「現実はこんなもんよねー」とか「実際
にはこんなに綺麗に行かないわよ」とか経験した人の意見なんですかね?

TV番組内の宣伝?で役者さんが語る内容については、実はほとんど核心をついていなかった
ような気がします。
なので是非、実際に作品を観てみることをお勧めします。
もう一度観に行こうかな・・・誰か誘って・・・
そんな映画です。


それにしても映画館内部の暑いこと!
終わってから外に出た時の気温差を考えるともっと室温を下げてもいいのでは?と思い
ましたよ。
今回なんてお年寄りが多いんですしね。
あちち・・・



posted by グリーン at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

ダイオウイカ その2



今日は気温もさほど上がらずけっこう寒かったですね。
まぁ、そのおかげで雪も溶けず、午前中の道路はシャーベット状の雪が固まっていたので
案外歩きやすかったです。
まぁ午後も北側の日陰なんかは、凍ったままでしたけど。


さて、1/8に「ダイオウイカ」という記事を書きましたけど、録画していたNHKスペシャルを
やっと観ました。
当日は新年会で出かけていたので、録画しておいたんですね。
視聴率は16.8%だったそうです。


いやー、なんだかあっという間に終わっちゃった感じでしたー。
もったいないかんじ。
余計な装飾だの、字幕やCMマタギなんてなくたって、面白いモノは素直に面白いんだなー
って思いましたよ。

なんだかメタリックなダイオウイカが、すごく格好良かったです。
深海600〜800mで、ライトの光を浴びて黄金色に輝いているんですから。
それに目が怖い!
眼球だけで30cmくらいあるらしいですけど、眼光鋭く、瞬きまでするんですよ。

ダイオウイカ2.jpg

ただ、世界初の撮影成功で、それが日本の快挙と言われてますけど、実際にはアメリカの
ORCA(動物愛護団体)の新兵器だのLEDライトなんかを使用したのも大きな要因みたいです
けどね。
あと大きさもイマイチでしたし。
ま、大きさについては今後のお楽しみってことですか。


なんだか深海はまだまだ未知の世界なんですね。

見逃した方は、「16日深夜(17日午前)0時25分からNHK総合テレビで再放送」されるみたい
ですから是非^^


posted by グリーン at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

大雪



今日はすごいでした。
朝10時くらいから雨がミゾレに変わり、そして雪。
お昼くらいにはもう15cmくらい積もってました。
ベランダから観る町並みは真っ白でしたよ。

東京は雪に弱いですからね。
これが平日じゃなくて良かったです。
所用で新宿に出かけていた配偶者が「人がすごく少なくて、こんなに歩きやすい新宿は
久しぶりだった
」と言ってましたもん。

でも、今日は成人式だったせいか、晴れ着のお嬢さん方がちょっと可哀想でしたね。
一生に一度なのに。
・・・といいつつ、ニュースでそんな場面を見ては「正絹の着物なんだからそんなに
濡れても大丈夫?
」とか「泥はねとかクリーニングで落ちる程度なら良いけど」とか
レンタルだったらどういう契約になってるの?」なんて振り袖の事ばかり気になって
ましたけどね^^;;

ちょっとだけ調べてみたら、レンタル着物はほとんどが汚してもそのまま返却OKで、特に
追加料金とかも不要みたいですね。
その分、料金が高いのかと思ったら、絹でも2万円前後からあるんですね。
購入する場合の1/10くらいなんでしょうか。
親とか祖母あたりの「子供(孫)には良い物を着せたい」みたいな、気持ちというか見栄が
なければレンタルでも十分かもしれないですね。



ところで成人式といえば、毎年警察が出動して大変なことになっている沖縄や北九州の
ニュースがなかったですね。
私が単に見なかっただけなのかな?
ネットで調べてみると、相変わらずのようですけど。

詳しくはココ → 沖縄に北九州に、全国各地の成人式ヤンキー百景


沖縄って地元の中学校とかの先輩後輩ラインがキビシイらしいので、成人式などで弾け
ないと、OBにすごく怒られるらしいですね。
ある意味、地元愛なのかな。
東京に出てきてるOBがニュース見て「今年のあれはなんじゃぁ!」とか言うんでしょうか。
あー、だからTV局側も「放送するから、逆に盛り上がったりするのかも?」と自粛してる
のかもしれませんね。
邪推ですけど。



さて、また雪の話ですけど、夕方買い物に行ったときは、路地や道路に積もった雪が雨で
溶けてシャーベット状になってました。
積雪20cmのシャーベットって、どんな罰ゲームかと思いましたよ。
ほんとに歩きにくいし、踏ん張るから膝が痛くなるし。

あと、電柱や電線に積もった、湿った雪の固まりが強風でバンバン飛んでくるんですね。
レンガとかブロックが飛んでくるような感じで、もう傘なんか一発で破壊されちゃいます。
怖かったなぁ。


朝にはこのシャーベットが凍結して、本当に歩きにくそう・・・。
通勤・通学される方々には本当に気をつけて頂きたいと思います。


雪に弱い、大都市東京・・・。
まぁ、住宅が密集してるし、悪天候が無いことを前提に街が出来てるからなぁ。
原発事故の後処理が落ち着いたら、その辺りも考えて欲しいもんですね。





posted by グリーン at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

笹子トンネル事故



北海道方面は相当寒いみたいですね?
知り合いや友人がけっこう居るのでちょっと心配です。
って、南関東在住者に比べたら、雪の扱いや怖さは遥かに上手ですけどね。

こちらは昨日の夜くらいから意外と寒くないですよ。
陽が射す南側の部屋で色々してるとハイネックシャツ1枚で十分だったりしますし。
小さな島国と言われる日本ですけど、けっこう温度差はあるもんですね。



さて、昨年末でしたっけ、中央高速道路の笹子トンネルというところで、天井板のコンクリ
が落下して死傷者が出た事故は。
その後、色々と調査してみたら1,211ヶ所もの不具合があったそうです。
昨年9月の定期点検では問題無かったんだとか?



うーん、どうしたんでしょうね。
高速道路をメンテナンスしてるのは、NEXCO中日本こと中日本高速道路株式会社なんですが
技術力は高いはずなですけど。
一昨年の東日本大震災の時に、NEXCO東日本が常磐自動車道の大亀裂を1週間で補修した事
なんか記憶に新しいですよね。

その時の感動を2011/4/5に「底力」というタイトルで記事にしてるくらいですもん。
その時の画像を見てください。

NEXCOEJ.jpg

それが、今回の事故における点検の不備はどうしたんでしょうね。


まず一番考えられるのは、2005年に実施された道路関係4公団の民営化でしょうか。
つまり公団から民間会社になった訳ですね。
更には税金をバンバン投入して質の高い作業をしてたのが、原価を考えながら作業を
しなければならなくなったって事でしょうか。

まぁ民間会社だからって手抜きや事故起こしちゃいけないんですけど、色々な経費削減
からトンネル検査の人手も相当減らされてるんじゃないですかね?
だから、ハンマーで叩く検査じゃなく目視で済ましちゃったとか。


二番目には、落下した「天井盤を吊す方式の排煙機構」が本当に必要だったのかってこと
ですか。
トンネルには24時間大型トラックなどが通るわけですから、風圧による気圧の変化だの、
振動だのが天井盤とその固定ボルトに掛かるわけですよね。
これを設計した当時に、ちゃんと構造上の計算をしてたんでしょうか・・・。

建設省時代の負の遺産ってヤツですけど、まぁ大昔に作ったトンネルなので、今更誰も責任
とらないですよね。



あと今回、笹子トンネルで発見された1,211ヶ所の不具合は、昨年の12月に起きた事故の
影響で不具合が発生した可能性もあるんだとか。
更に一昨年の大震災も影響してるという説もあるみたいです。
ということは、一ヶ所破損するとそこからどんどん不具合が拡がっていくってことですよね?
ダムの壁がビーバーの囓った穴からどんどん拡がって決壊するシーンが脳裏に浮かびます。


2月下旬を目標にトンネルを全面復旧させるらしいですけど、スカスカのコンクリ製天井板
を使った方式のままんまで復旧なんでしょうか・・・。
それってちょっと怖くないですかね?

あ、それ以上に日本全国で笹子トンネルと同じ方式の天井を持つトンネルが49ヶ所あるそう
なんですが、そこが既に怖いですよ。



民営化ってやっぱりコスト削減を追求しちゃうからゼネコン関係や道路関係には不向きなん
でしょうか?
公団だとすごく無駄な税金掛かるってイメージでしたけど、やっぱりお金をかける部分は
ケチっちゃだめなんですかね。


まぁ公団でじゃぶじゃぶ税金使ったのも自民党、どこかからの要望で民営化したのも自民党、事故起こした遠因も自民党(建設省)、そして今「公共事業は必要なんです」と再度言い始
めたのも自民党・・・。

これはマッチポンプじゃない・・・。
ふぅ。












posted by グリーン at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

ダイオウイカ


朝晩は結構冷えますけど、晴れると案外暖かいですね。
昨日から会社が始まって、寒い中通勤するみなさま・・・ご苦労様です。
私も通勤こそ無いモノの、色々と忙しい日々が始まりました。
無理しすぎないでがんばりましょう♪


さて、昨日の朝日新聞にも載ってましたけど、今まで深海の最後のミステリーと呼ばれて
いた、巨大な「ダイオウイカ」の動画撮影に成功したんだとか。
深海魚とかシーラカンス好きの私としては、正月早々すごくうれしいです。
早く観たいです^^

詳しくはココ → 世界初・ダイオウイカの深海映像撮影に成功


ダイオウイカ.jpg

これは昨年の夏に、小笠原諸島の父島沖で、NHKとアメリカのディスカバリー・チャンネル
の取材チームが、国立科学博物館の協力を得て撮影したものとのことです。

取材チームは潜水艇で水深630メートルまで潜り、暗い海の中でも撮影できるように開発
された超高感度ハイビジョンカメラでダイオウイカの姿をとらえることに成功しました。
撮影されたダイオウイカは最も長い触腕と呼ばれる2本の腕が切れていましたが、映像には
体長3メートルほどあるダイオウイカが、潜水艇の前に取り付けられた大きさ1メートルの
餌のソデイカを長い腕でがっちりと抱え込んでいる姿が鮮明に映し出されています。



考えたら地球って、表面は陸より海の方が広いんですもんね。
昨年もカリフォルニア沖、水深3,300メートルの海底から、こんなのが見つかったり
してますし。

コンドロクラディア・リラ.jpg

コンドロクラディア・リラと命名されたんだとか。楽器のハープに似てるから?
上に伸びてる触手が「網」の役目をしていて、そこに引っかかった甲殻類を食べてる
らしいです。
まだまだ人間が知らないことや生き物が潜んでそうで、興味津々です。



1/13(日)の午後9時から、NHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」で放送
されます。

NHKスペシャル「ダイオウイカ特集ページ」はココ → 世界初撮影!深海の超巨大イカ



興味のある方は是非!
楽しみです〜♪


posted by グリーン at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする