東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年03月12日

2013年の花粉


ごぶさたしてます。
というか、一月余り更新もせずごめんなさい。

いやー、花粉が辛いんですよ。今年は。
去年の7倍の花粉飛散量とか言ってますよね。
今までは「昨年の×倍飛散」とか言われてもさほど被害は重大じゃなかったんですけど
今年はどうしたことか、すごくダメージを受けてます。

鼻水とくしゃみがすごくて、何かに集中するって事がちょっと辛い状態になってるんですよね。
がんばって集中しても、クシャミして洟かむとそれで終わり〜。もう継続できない感じです。

更にこれに黄砂が混じり出すと、頭痛が酷くなるんです。
数年前に、黄砂が飛び出して終わるまでの2ヶ月間、頭痛が治まらなかった経験もあります。


そういえば、数日前に「煙霧」ってのが東京で発生したんですね。
ものすごく風が強かったのに、あれよあれよという間に、黄色い霧みたいなのが立ちこめて
1km先のビルすら見えなくなったんですよ。

北朝鮮のミサイル攻撃の余波?
強風で北京から黄砂とPM2.5が多量に運ばれてきた?
あるいは何か訳の分からない天変地異?

と、ビビりました。ほんとに。
まぁ、光化学スモッグにうるさい区役所の広報も何も言わないし、煙霧自体も1時間くらいで
消え去ったので、夕食くらいまでは忘れてましたけど。


「煙霧」とは「南と北から強風に乗って低気圧と高気圧が高速でやって来て、それがぶつかると
猛烈な上昇気流が発生し、地面にあった埃や花粉などを巻き上げる現象
」らしいです。
まぁ、視界が1km未満のスモッグをすべて「煙霧」って言うらしいですけど。

あと気象庁では「黄砂は含まれていません」って発表していましたけど、ホントかな?
なんであんなに黄色いモヤだったんでしょうか?

当時の気象庁サイトの黄砂情報では、黄砂の帯が日本、特に関東地方に掛かっていたんです
けど、それでも黄砂は含まれてなかったんでしょうか?

なんだか2年前の震災後の放射性物質の飛散量や範囲についても、怪しげに隠匿というか
誤った情報を発表してましたよね。国というか民主党からの圧力で。
なので、今回も中国に変な気を遣って「黄砂は含まれてません」って言ったんじゃないかと
勘ぐってしまいます。

この辺り、民間の研究所とかで飛散物を調べれば「黄砂が含まれているかどうか」って
判りそうなんですけどね。
やっぱり、気象庁や圧力をかけてくる団体に逆らえないんでしょうかね?



あ〜クシャミしたら集中力が切れました。
調子の良い日には頑張って更新しますので、よろしくお願いします〜^^;;















posted by グリーン at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。