東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年08月30日

インスタントラーメン


今日は昨日までとは打って変わって、すごく暑かったですね。
久々に室温が40度に達しそうでした。
お昼にインスタントラーメンなんて食べたら、すごい汗でした。
まさに「滝のような汗」状態でしたよ。

そして週末も暑そうですね。
でも台風の影響で月曜日くらいから雨が降るかもしれないとか・・・。
できたら水源地方面に降ってくれるといいんだけどな。


さて、インスタントラーメンなんですけど、お昼に食べたのは「サッポロ一番
塩ラーメン
」でした。
もう慣れ親しんだ味というかんじで、すごく美味しかったです。
卵とコーンなんか入れちゃって^^

ramenn.jpg

袋麺に関してこんな記事がありました。

『マルちゃん正麺』で袋麺の勢力地図に変化アリ?あなたの好きな袋麺ランキング

詳しくはココ → Peachy-グルメ


811人に「美味しいと思う袋麺のラーメンを教えてください」と聞いたところ、こんな
結果になったそうです。


第1位 サッポロ一番 みそラーメン 208人(25.6%)
第2位 サッポロ一番 塩らーめん 185人(22.8%)
第3位 マルちゃん正麺 醤油味 164人(20.2%)
第4位 チキンラーメン 111人(13.7%)
第5位 日清ラ王 醤油 104人(12.8%)
第6位 サッポロ一番 しょうゆ味 99人(12.2%)
第7位 出前一丁 95人(11.7%)
第8位 明星 チャルメラ しょうゆラーメン 73人(9.0%)
第9位 マルちゃん正麺 味噌味 69人(8.5%)
第10位 マルちゃん正麺 塩味 63人(7.8%)



サッポロ一番の定番は強いですね。
でも最近台頭してきている生麺志向の「マルちゃん正麺」が3位に、「日清ラ王」が5位に
入ってますね。


これらの生麺志向のラーメンは、食べたとき驚きましたよ。
生麺に似ているとかどうとかじゃなくて、美味しかったので・・・。

でも、食べ続けてると何故だかだんだん、昔の袋麺が懐かしくなっちゃうんですよね。
なんでだろう?
やっぱり食べ慣れてる味というのは、強いんですかね? 歳とってくると母親の味が
思い出されてしょうがないというのと一緒なんでしょうか?


あと袋ラーメンを食べる時って、生麺やお店のラーメンを食べる替わりに食べてますか?
私の場合は、袋ラーメン、例えば「サッポロ一番」の味と食感が欲しくて食べたりしてます。

生麺に達していない模造ラーメンを食べてるんじゃなくて、あの慣れた味が食べたいんですよね。


そんなこんなで、生麺志向の袋麺はある程度のシェアを獲得し続けると思いますけど、
旧来の袋麺もずっと安定して売れていくんじゃないかと思います。



って私だけかな?そんな風に思ってるのは・・・。





posted by グリーン at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

保冷温タンブラー


ずっと更新をサボっていてごめんなさい。

なんだか7月の酷暑にやられたダメージがここに来て出てきたみたいで、なんだかなーんにも
する気が起きないんですよね。
それでも、色々とやらないといけないことはある訳で、そっちだけで精一杯って感じです。

・・・と、以上、言い訳でした。


さて、この所、思ったより涼しい東京方面ですね。
今日も扇風機の風が心地よいです。
まぁ曇り気味で、かつ湿度が低いせいなのかもしれません。


そう言えば、去年の夏は「漁サン」に巡り会い、今年の夏も大活躍だったんですが、
今年もステキなモノと出会いました。

それは「マジックタンブラー」です。
メーカーによっていろんな名前がありますけど。

これは真空断熱のステンレス製コップなんですけど、本当にすごいです。
何がすごいのかというと、その保冷・保温性なんですよ。

Magic01.jpg
山善製は、サイズが450mlと250mlの2種類あります。これは450ml

Magic02.jpg
ものすごく暑い室内で氷を入れて2時間後。


私が購入した山善の商品紹介によるとこんな感じです。

●保冷・保温能力の高いステンレスグラス。
●真空2重構造なので驚きの保冷・保温力。
●冷たいものは結露がなく、熱いものをいれたときは外側が熱くならないので安全。


ちなみに山善の製品を購入したのは、ネットで調べて一番安かったからです。
450mlで900円くらいだったかな?性能に関する評判も良かったですし。

詳しくはココ → amazon:山善保冷温マジックタンブラー(現在、在庫無し)


今までにも何度か書きましたけど、我家はすごく暑いんですね。
なので氷を入れた飲物の氷がすぐ溶けてしまい薄くなったり、グラスの結露がすごくて
コースターがすぐビショビショになってしまい何度も取り替えなくてはいけなかったり
してたんです。

で、とりあえず「結露しないグラス」を探していたら、これに行き当たったんです。

ほんとにすごいですよ。
まったく結露が無いので、コースター不要ですし、あんなに暑い部屋でも氷がいつまでも
残っていますし。



ただ些細な事ですが、欠点としてこんな事があります:

・材質がステンレスなので口当たりがちょっとよろしくないです。慣れましたけど。

・アイスコーヒーなんかを飲むときに、氷が溶け始めると丁度良い濃さになったり
 するんですけど、氷が溶けないのでずっと濃いままなんですね。

・熱い飲み物を入れたとき、外に飲み物の熱が伝わらないので触った感じ室温でも、
 中身は熱湯のままということもあります。ヤケド注意です。

・氷を先に入れてから飲み物を注ぐと、氷が内側に張り付いてかき回せない事があります。


ま、この辺り、慣れれば問題ないんでしょうけどね。




まだ間に合いますよ。
冬も活躍しますしね。
お試しあれ!

posted by グリーン at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

孤独な騎馬警察隊


空が全体的に雲に覆われているせいか、暑さも猛暑と言う感じじゃなくて、普通の夏・・と
言った感じの東京方面です。
夕方になると風が冷たいですし。なんだか山の上みたいな感じです。


さて昨日映画を観てきました。
例によって夫婦50才以上で一人1000円ってヤツですね。
観てきた映画はこれです。

ローン・レンジャー

kimosabe.jpg
ショボイ写真でごめんなさい

詳しくはココ → ディズニー映画「ローンレンジャー」公式サイト



内容は触れませんけど、大昔、私が生まれる前にやっていたTVドラマのリメイクですね。
その前はラジオ劇だったそうです。
TVドラマは再放送で観ましたね。って半世紀近く前の事なので記憶があやふやなところが
ありますけど。

ローンは孤独とか一人とかで、レンジャーは騎馬警察隊とか特攻隊員とかの意味ですから、
「孤独な騎馬警察隊」とか「ひとりぼっちの特攻隊員」てな意味ですかね。
無茶なローンを組んだ人じゃないですよ。


映画は痛快娯楽西部劇って感じでしょうか。
アッという間の150分でした。
ご覧になって損はないと思いますよ〜♪


あと別件なんですけど、気になったのが予告編。
映画本編が始まる前に、近々封切られる新作の予告編がありますよね?10分間くらい。
あれみて、え〜?ってなっちゃいました。

覚えてるのがこんなラインナップでした。

スタートレック イントゥ・ダークネス
公式サイトはココ → スタートレック


スーパーマン:マン・オブ・スティール
公式サイトはココ → スーパーマン

ワールド・ウォーZ
公式サイトはココ → ワールド・ウォーZ


この辺りは「地球」が異星人やら謎のウィルスに襲われて壊滅しそうって設定なんです。
それにヒーローとか勇気ある人間が立ち向かうと・・・。
なんだか全部観ちゃうと内容が区別できなくなりそうですよ。

あとホワイトハウス・ダウンなんてのもやってましたけど、これもアメリカ映画ありきたりの
重要な施設が占拠され、それ救出する特別な人間が人質を救出に向かう」みたいな
感じでしたね。

CGてんこ盛りで派手に爆発させて、最後は正しい者や人間が勝つというタイプばかりが
目立ちますよね。
かといって、アニメ実写化のガッチャマンだのタイガーマスクだのも、何だかナーですが。


最近の映画業界と周辺ってこんな感じでしょうか・・・


映画産業の斜陽化が叫ばれる
  ↓
新しい技術(CG、3D)の開発と導入
  ↓
チケットが更に値上がり
  ↓
新しい技術に頼って内容のレベルダウン
  ↓
更に客離れ
  ↓
過去の素材(アニメやドラマ)のリメイクや実写化が増える
  ↓
更に客離れ
  ↓
先頭に戻る


今ってこんなループですかね。


まぁ、自宅で誰にも邪魔されずイライラさせられず、ゆっくりとDVDだのBDだのを
楽しめるようになったというのが大きいんでしょうね。
あとTVで放映しますしね。
ゲームやスマホやインタネットなどなど・・・娯楽やひまつぶしもすごく増えましたし。


そしてなんでチケットが高くなってきたかというと、最新技術や音響設備のために劇場に
お金を掛けなくちゃいけなくなって来たのと、制作費だの俳優さんへの人件費が高すぎる
んでしょうね。
ハリウッドで俳優さんや制作者側の組合とかがどんどん金額を吊り上げてしまうのが
原因なんでしょうけど。


でも調べてみると、映画館(単独館、複数の映画館の同居ビル、シネコン)のどれを
とっても、10〜15%くらい座席が埋まると黒字みたいですね。
つまり座席数の15%くらいのチケットが売れれば良いということですか・・・。
シネコンが増える訳だ・・・。

そりゃ、何かを改善しようなんて気も起きないし、駄作ばかりでもいいってことですね。

詳しくはココ → 「映画産業には十分余力がある



映画産業が上向きになるためには何が必要でしょうか?

ステキな脚本」と「適切な(魅力的な)料金設定」かな。
あと「儲けが配給・興業側だけで制作側に還元されない事の改善」ですかね。


足りない頭なりに考えてみましたけど、どうでしょう?
全然ダメかしらん?

posted by グリーン at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。