東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年09月14日

ガム禁止


せっかく秋の足音が聞こえてきたのに、なんだか蒸し暑さがぶり返しています。
颱風の影響なんでしょうか。
7月ほどじゃないですけど、湿度が高い気候は体に堪えます。
ただでさえ、歳と共にあちこちガタがきてるのに。


ガタが来ている・・・といえば、最近、アゴが痛いです。
正確に言うと顎関節(がくかんせつ)かな?
口を開けるときに、ちょっと音がします。
酷い痛みも無いですし、口が開かないなんてことは無いんですけどね。


顎関節炎.jpg
詳しくはココ → 顎関節症の治療方法


なので、先日、定期検診で歯医者に行ったとき、先生に相談してみました。
色々と問診というか世間話みたいな事をしてたら、顎関節を得意としている先生の
奥さんを呼んで下さって、けっこうな時間、問診と対策などを指示して頂きました。


私の生活習慣で

1.横向きやうつぶせに寝て、顔やアゴに負担をかける
2.片側の奥歯でモノを噛む(その反対側に義歯や治療した歯が多いため)
3.いつもガムを噛む(噛み続けるというか長時間口にいれていて時々噛む)


という項目が原因かも・・・と言われました。
あと歯並びが悪い事(噛み合わせの問題)もあるかもと。



そう考えると、上記の3つはずーっと長いことやってますから、ここに来て
一気に症状が出たんでしょうかね。
あと、顎関節症だと、肩こりや目の疲れ、いろんな関節の痛みなんかも起きやすいんだとか。

そうかぁ、更年期障害じゃなくて積もり積もった生活習慣の無理がここに来て出てるのかも
しれませんよね。


とりあえず、生活の一部となっていたガムを禁止されました。
あと、眠る姿勢とかも。
しばらく様子を見て、原因と思われるモノを潰していくそうです。
すぐに手術が必要なレベルでは、全然無いようなので・・・。
そして、方向が定まったら口腔外科に廻されて、マウスピースとかですかね。



しかし、いつもガムを口に入れていたので、それが無いとなんだか口寂しいです。
口中もなんだか乾くし。
でも、だからこそ顎というか噛み合わせに負担かけてたんでしょうね。


この先どうなるのかな〜
とほほ。


posted by グリーン at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

赤いトラクター


週末から結構夏が戻ってきたようで、暑いです。
今日も東京方面は、昨日よりは暑くない最高気温30度ということでしたけど、現在
室温はすでに33度。ベランダは当然40度超となっていて、ほんとに暑いです。
ま、洗濯物が乾いて良いんですけどね。


さて、ちょっと前の話題になるんですけど、6月頃に「天気予報」という記事を書きました。

その中で「ヤン坊マー坊天気予報のサイトが閉鎖される。それはヤンマーがブランド
イメージを見直したためで、これからは古いモノを切り捨てて、高級品志向でイメージを
高めましょう
」ってことですね・・・って感想を述べてます。

で、ブランドイメージというかフェラーリなんかのデザインとかをしていた、奥山さんを
取締役に迎え、格好良くて売れそうなトラクターを開発(デザイン?)してもらったようですね。

こんな記事がありました。7月29日の記事ですけど・・・。


これが次世代農業!?ヤンマーが発表した新型トラクターがカッコイイ

詳しくはココ → ARTISTDATABESE-NEWS



Yammer.jpg
コンセプトデザイン画らしいです

なんだかアメリカのファットタイア付けたトラックみたいですよね。
公道でも速そう・・・。

ちなみに奥山さんがデザインしていたフェラーリのライバルとして、ランボルギーニという
会社があるんですが、そこも実は昔から農耕機を製造販売しています。


Lambo1.jpg
Lambo2.jpg
ランボルギーニのハイエンドモデル Lamborghini R6 VRT DCR

素人から見ると「似てる!」って思うんですけど、その業界の方々が見ると「さすが
奥山デザインのヤンマーだ!
」って事になるんでしょうか?
まぁ余所のメーカーもやってるから遅れちゃならないって意味もあるんでしょうけど。



今回のヤンマーの新デザインは、最終的には「トラクターを売りたい!」と「会社の
イメージを高めたい
」ということな訳です。
で、この路線に行ったと言うことは、この手の「格好良いトラクターを買いたいと思う」層が
居ると予測してるってことですよね?

農家はお年寄りがどんどん減って、若い世代の新しい農業に変わりつつある」から
きっと若い世代が飛びつくだろう・・・って予測ですかね?

でも、ほんとかな〜?
トラクターってグレードにもよるんでしょうけど、500〜800万円くらいするみたいなんですよね。
昔の農協みたいにお金貸して縛り付けるために、トラクターなんかを押しつけてくるみたいな
事も減ってるでしょうし。
それに中古市場は昔から活発ですし、今は廃業する人も増えていてその中古機材も増えています。


そういえば、先日、実家に帰省したときご近所の庭に立派なガレージができていたんですよ。
話をを聞くと「廃業した農家の友人から中古のトラクターを大喜びで貰ったんだけど、うち
の納屋に入らなかったので、しょうがないからガレージを造ったんだ。もらったトラクター
より高くついちゃったよ
」って事でした。
本末転倒のような気がしなくもないですが、それくらい中古機材が潜在的に増えてるって
事なんじゃないですかね?


たしかに新技術やら新機能やらたくさん付加されてるみたいですけど、基本的には壊れず
長いことちゃんと働いてくれて、安いトラクターを必要としてるんだと思うんですけどね。


出せる場所無いはずなのに180kmくらい付いてるクルマの速度メーターとか、ガメラでも
無いのに1000m防水のダイバーズウォッチとか、メールとネットサーフィンしかしないのに、
すごいスペックのパソコンとか・・・。
日本人好きですからね。


燃える男のぉ〜、赤いトラクター〜! それがお前ーだぜ〜」なんて歌に購買意欲を
そそられそうなもんですけどね。
年寄りだからですかね^^;;

案外、売れちゃうのかな。新しいトラクター。
ふぅ。



posted by グリーン at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。