東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年11月15日

胡蝶蘭 - 2014に向けて -


東京方面は昨日くらいから、ストンと寒くなりました。
今日なんて昼から雨が降ったせいか、すごく寒いです。
一昨日、羽毛布団を出しておいてよかった^^
先週、立冬も過ぎ、木枯らし一号も吹きましたし、いよいよ冬本番ですね。
冬好きの私にとってはうれしい季節です。



さて、毎年、元気に花を咲かせてくれる胡蝶蘭ですけど、すでに室内の簡易温室に移動
してあります。
そして、今日くらいから寒くなってきたので、簡易温室の中や外側にエアキャップ
(通称ぷちぷち)を巻き付けてちょっとだけ防寒対策をしました。
今年の春に鉢の植え直し(同じ鉢で水苔だけを取り替える)を行ったので、ちょっとだけ
弱ってるかと思ったので・・・。
例年だとエアキャップまでは巻かないんですけどね。

簡易温室.jpg
下の段は物置状態・・・ 

我家には、赤と白の胡蝶蘭と縦型のルテシュロがあります。
例年だとルテシュロの花芽が相当伸びてる時期なんですけど、今年はまだみたいです。
植え直した影響かな・・・。

2013ルテシュロ.jpg
昨年11月の雄姿

胡蝶蘭の方には小さな花芽が出てきていたので、来年の2月頃には咲くんじゃないでしょうか。

胡蝶蘭花芽2014.jpg

ところでいろんな方々から言われるんですけど、胡蝶蘭を毎年咲かせてる・・・というと、
「あらすごい。あれって難しいんでしょ?」って。
そんなでも無いんですよね。

夏は直射日光は葉を焦がすので半日陰の雨の掛からない場所に置き、乾いたらたっぷり
水遣りって感じでしょうか。

問題は冬なんですね。いわゆる越冬と言うヤツですね。
室内に入れてできるだけ15度くらいをキープできるようにするって感じかな。
小さなスチールワゴンに透明な薄手のテーブルクロスを巻き付けて簡易温室にして、
昼間は窓辺に置き、夜は窓辺は冷えるので部屋の真ん中に置いたり、毛布や段ボールを
被せるって感じです。
朝方、10度くらいになっても昼間に持ち直せば大丈夫です。


まぁ、関東地方南部なのでこんな感じですけど、北関東だの更に北方面だともっと
根本的な対策が必要かもしれません。

あと8年も経ってくると花の大きさも小さくなり、数も減ってくるんですが、この辺りも
ナントカしたいものですよね。

一般には、花を増やすには」

1.鉢の中で根が一杯になるまで成長させる。
2.葉の数を増やす(6枚以上)
3.水分や肥料のやり方に気を遣う


てなことが必要みたいです。

うちの場合、1と2は大丈夫そうなんですけど、3がね・・・
毎年、夏に帰省で居ない間にベランダで暑い思いしてそうですからね・・・。
この辺り、毎年の課題でもあるんですけど。
自動散水器でも設置したいなぁ。



頂いた胡蝶蘭で花の落ちた鉢がある方は、色々なサイトがありますので検索して
来年も花を咲かせると愛着がわきますよ^^




posted by グリーン at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする