東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年12月19日

ピッチドロップ - 決定的瞬間



冷たい雨が雪になるかと思ったら、ミゾレで終わっちゃいましたね。
まぁ路面凍結とかあるかもしれないし、注意することに越したことはないんですが。
しかし冬ですねぇ。
昼間は暖房つけてないんですが、室温15度を切ってます。
手袋してキーボード打つのはだいぶ慣れてきましたけど。


さて、以前「ピッチドロップ」という記事を書きました。
固形状態のタールを砂時計みたいなのにセットして、それが変化して一滴垂れるのを
観察するというあれです。
流動性は蜂蜜の約200万倍で、1滴垂れるのに10年以上掛かるみたいですね。

昔の記事はココ → ピッチドロップ(2011年12月17日)



ピッチドロップ.jpg
在りし日のメインストーン教授とピッチドロップ装置


この実験は、オーストラリアのクイーンズランド大学のメインストーン教授が実験責任者
で、今までの経過から今年には1滴のピッチが落下するだろうと期待していたようなのです。
しかし、その落下を見ることもなく今年の夏にメインストーン教授は亡くなってしまいました。
さぞかし残念だったでしょうね。
今まで、落下を肉眼で見た人はおらず、2000年の滴下時にはカメラで録画していたのですが
機材のトラブルでフィルムには何も映っていなかったそうな。


ピッチドロップ年表.jpg
ピッチドロップ実験の年表(Wiki先生より転載)


ところが、この実験が始まった1927年から遅れること17年の1944年に、アイルランドの
ダブリン大学トリニティカレッジで同じ実験が開始されていたんです。

そしてなんと!そこで今年2013年の7月18日に決定的瞬間が動画で撮影されました。



右側の時計をみると相当早廻ししてるのが判ります。


今年亡くなったメインストーン教授もこの動画をご覧になったそうですけど、悔しかった
でしょうね・・・。
この動画の約一ヶ月後に脳卒中で亡くなってるので、精神的ショックも引き金になったのかも
しれません。
ご冥福をお祈りします。



さて、この実験ですけどどんな目的があるんでしょうね?
まぁ、イグノーベル賞を頂いたくらいですから、マジメに問うてもいけないんでしょうけど。

今回、動画撮影に成功したベルギン教授がこう述べています。

人々は、この実験が好きでたまらないのです。なぜならば、この実験には科学の本質となる『好奇心』が備わっているからです。私はこの滴が垂れる瞬間のビデオを何度も、何度も見直しました。なぜならば、滴が垂れる瞬間が目撃されたのはこれまでになかったからです。



なるほどね・・・
好奇心って大切なんですね。

そう言えば、人間の進歩を妨げる最悪の言葉は「あぁ、それ知ってる」だそうですから。
確かに、そこで止まってしまいますよね。
好奇心に心がトキメカないと・・・。


私なんて歳のせいか「好奇心」より「猜疑心」の方が強くなってきていて・・・
東電のせいかしら・・
ふぅ。




posted by グリーン at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

ゆるキャラ



最近、各地で「ゆるキャラ」がちょっとしたブームになってますね。
これは非公認ながら露出度の高い「ふなっしー」と、ゆるキャラ界の大御所熊本の
くまモン」等の人気に続けとばかりにマネし始めたからですかね?
まぁ、それだけ地方自治体もPRに必死と言うことでしょうか。
最近は何が起爆剤になるか判らないですからねー。


この「ゆるキャラ」ですけど、Wiki先生によると「『ゆるいマスコットキャラクター』を
略したもので、イベント、各種キャンペーン、地域おこし、名産品の紹介などのような地域
全般の情報PR、企業・団体のコーポレートアイデンティティなどに使用するマスコット
キャラクターのことである。そういったかわいらしいイラスト全般を指す場合もある。
」と
言う事らしいです。


そんなゆるキャラの中で異才を放つのが、北海道北斗市のイメージキャラクタです。
北斗市の特産品ほっき貝をイメージした「ずーしーほっきー」です。


ずーしーほっきー.jpg

ほっき貝の・・というより、ほっき貝のにぎり鮨のイメージキャラクタですよね。
更に、これって「ゆるキャラ」じゃなくて「キモキャラ」(キモチワルイキャラクタ)
だって言われてますけどね。
でも、逆にすぐに覚えて貰えるので、北斗市のPRとしては大成功じゃないでしょうか。


さて、キモキャラといえば、あのキャラクタを思い出しませんか?
数年前、「インパクト!」という記事で書いたこともある、そう「えびなさん」です^^;;

昔の記事はココ→「インパクト!」(2011/2/26)

えびなさん.jpg


海老名市のPRキャラクタを公募したところ5位となり落選したんですが、えびなさんが
市のキャラクタだったら面白かったのになぁ・・・。
確かに、一位に選ばれた「えびーにゃ」は可愛いですよ。
でも優等生過ぎるんですよね〜。


えびーにゃ.jpg
ゆるキャラ(R)グランプリ2013 参加キャラクター1,580キャラ中、第18位 すごい!


「さぁ、海老名市の公認キャラクター!えびーにゃの登場でーす!」って言われても
みんな、「ふーん」ってな感じじゃないでしょうか。
あまり印象に残りませんよね。
ところが「さわ海老名市の非公認キャラクター!えびなさんですっ!」って言われると
「きゃー」とか「いやー」とか、更には「きもーい!」とかの黄色い歓声に包まれそう
じゃないですか?^^;;
PRってインパクトが大切だと思いますけどね。

でも、えびなさんじゃ「1,580キャラ中、第18位」なんてのは無理でしょうね。
記録じゃなくて記憶に残るキャラクタってことですかね。えびなさん・・・


えびなさんの着ぐるみが見てみたい・・・
中身は海老名市出身のドランクドラゴンの鈴木さん辺りで。



posted by グリーン at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

タイカレー その2



寒くなりましたね。
東京方面では明日の夜から雨が雪になるかも知れない・・・なんて予報がありました。
外の出したままの植物が気になるところです。


さて、去年の6月頃「タイカレー」という記事を書きました。

パンや缶詰で美味しいグリーンカレーが発売されていますという内容ですね。
そこで、いなば食品から発売されたグリーンカレーとレッドカレーの缶詰が安くて
美味しいという感想を持って以来、けっこう愛用していたんですね。
そうしたら、やっぱり他社からもでてきましたよ。タイカレー缶。


マルハニチロ食品の「タイグリーンツナカレー」と「タイレッドツナカレー


maruha_thai_curry.jpg


先発のいなば食品が、レッド、イエロー、グリーンのカレーをツナとチキンのバージョンで
合計6種類発売しているのに対して、マルハニチロは2種類で様子見なんでしょうか。
まぁマルハニチロ食品は海産物をメインに扱う会社ですからチキンは扱わないんでしょうね。
ちなみに両方ともタイで生産しているみたいです。


早速食べてみました。

マルハニチロ食品「タイグリーンツナカレー」

  食べて真っ先に思ったのが「全然辛くない」でしょうか。
  ココナツミルク風味とダシの存在が大きいですね。
  いなば食品のグリーンカレーは、辛さもがけっこう強いですよね。
  あと具(ツナ)の大きさがいなば食品より大きいんですが、具の中までカレーが滲みて
  ないのでツナの味がよく判ります。
  私はツナの中まで滲みてる方が好きですけど。

マルハニチロ食品「タイレッドツナカレー」

  最初の印象は「ずいぶんとドロドロしてるなぁ」ですかね。
  クリーミーなカレーです。
  これも具のツナが大きいです。
  お味は申し分ないですけど、なんだかタイカレーを食べてる感じがしないです。


ということで、いなば食品の辛いタイカレー(味は美味しい)とマルハニチロ食品のコクの
あるタイカレー
というスタンスですかね。
この辺り辛さの好みもあるので採点は別れるところかも知れません。

しかし、「マルハ タイカレー」でGoogle先生に聞いてみると、ほとんどが「いなば食品の
タイカレーとの比較」で記事が書かれていました。
やっぱりどうしても比べられちゃいますよね。
内容もどちらかが優れているという記事じゃなくて、両方ともそれなりに美味しいという
評価が多かった気がします。
私も同意見ですけど。


でも、いなば食品製とマルハニチロ食品製のどちらかを買わなくちゃいけなくて、かつ
値段が同じだったら、いなば食品のタイカレーを買うと思います。
だって、辛いのが好きなんだもん^^;;


機会があれば是非食べ比べて見てください。
スーパーなどで安売りしていれば一個108円から128円くらいの値段ですから、一家四人で
食べても500円前後で済みます。

御飯だけじゃなくて、パスタのソース替わりとしてもいけますよ♪



posted by グリーン at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

トラクターの盗難



今日は晴れて良い天気の東京方面でしたが、寒かったです。
暖房入れずに室内でPCを触っていて、ふと温度計を見ると15度くらいだったりします。
まぁ、北の方面の方々からお叱り受けそうですが、でもすごく寒いです。
なんだか観葉植物のポトスが黄変しているので、もうちょっと寒さ対策しないとダメですね。


さて、9月頃に「赤いトラクター」という記事を書きました。
農機具で有名なヤンマーという会社が、フェラーリをデザインした事もあるデザイナさんを
社内に迎えて、新型トラクターを発表したって記事です。

yanmmertrack.jpg

でも、農家の人々は「基本的には壊れず長いことちゃんと働いてくれて、安いトラクターを
必要としてる」んじゃないでしょうか・・・って書きました。


で、数日間の記事なんですが、こんな記事が・・・。


トラクター:盗難急増 昨年度263台、海外に売却か

農業用トラクターが関東や中部の都市近郊で盗まれる被害が相次いでいる。盗難後に「ヤード」と呼ばれる作業場で部品に解体されたり車体番号を削られたりするケースもあり、捜査関係者は「海外へ売り渡すのが狙い」とみる。

詳しくはココ → トラクター:盗難急増(毎日新聞 2013年12月14日)


なんでも盗んだトラクターは解体され「鉄くず」として海外に輸出され、それを現地で
再度、組み立てて販売するんだそうです。
なんだかそういった組織がいくつかあるみたいですね。
以前は、大きなワンボックスカーなんかがターゲットでしたけど最近はトラクターですか。
そうか・・・以前の記事で書きましたけど、実家の近所の農家さんが中古トラクターを
貰ったのでガレージ建てたらそっちの方が高くついた・・・って言ってましたけど、盗難が
増えているって情報がすでに流れていたのかもしれませんね。ふむ。


日本のトラクターは「性能が良く海外で人気が高い。鍵の構造が単純なタイプが多く
狙われやすい。」らしいです。
海外のトラクターにはイモビライザーとかついてるのかしらん?


でも、エンジン始動できなくても押して移動して大型トラックに積み込むみたいですから
エンジンロックはあまり役に立たないみたいです。

と思っていたら、すでに農機具盗難防止を啓蒙するポスターなどもあるんですね。
それだけ盗難が増えてるって事ですか・・・。


トラクタ盗難防止ポスター.jpg
トラクタ盗難防止啓蒙ポスター



結局、フェラーリデザインじゃなくても日本のトラクターは優秀で人気があるって事
ことでしょうか。
欧米みたいに広く平らな農地が多くない日本で開発された色々な技術が、同じような
東南アジアの農地でも人気あるって事ですよね。


まぁ価格は新車で600万円くらいするし、「信頼の日本製」ですから、東南アジアで転売
してもそれなりの価格で売れるんでしょうね。



今回ヤンマーから新コンセプトの格好良いトラクターが発表されましたけど、デザインや
冷房、音楽などばかりに目が行きますけど、基本的な性能はどのくらい上がったんですかね?
あるいは、どんな新開発技術があるんでしょ。

トラクターの革新的な技術の歴史として、

・湿地や田圃などでもスムーズに走行できる「四輪駆動
・狭いところでもターンしやすい「倍速ターン
・トラクタが牽引する作業機を農地と平行に保つ「モンローマチック
・稲の植え付けなどの際に、植え付け深さを一定にする「マイコンオート
・コンピュータを使った機材の「強度解析


みたいなのがあるらしいですけど、次に来る新しい新技術は何があるんでしょうね。

その辺りを前面に出すようになれば、売れるんじゃないでしょうか。
日本国内でも海外でも。
そしてフェラーリ風じゃなくても。





posted by グリーン at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

背中にローション



昼間はそれなりに暖かいんですけど、夕方からストンと気温が下がる東京方面です。
なんでも東北の日本海側や北海道は雪が降ってるらしいです。
やっと本格的な冬なんですね。


さて冬といえば寒さなんですけど、もう一つ特徴がありますよね。
それは「乾燥」です。

洗い物でお湯を使うせいで手の皮膚もカサカサですし、ゴムで締め付けてる部分なんかも
乾燥してすごく痒いです。
あと背中ですね。

お風呂上がりに保湿ローションとかを塗るんですけど、背中に上手く塗れないんです。
関節が固くなってるのか、肩胛骨の間から下の部分に手が届かないんですよね。
なのでいつも背中が痒くて・・・。

TVのCMとかで痒みを止めるとか痒みを治すクリームなんて宣伝してますけど、あれって
どうやって背中に塗っているのか聞いてみたいもんです。


そんな痒い日々が続く中、ふとインタネットで背中にローションを塗るという事で
検索してみたんですね。

そうしたら、良い物がありました!
その名も


軟膏ぬりちゃん


rakuraku01.jpg

なんてそのまんまなネーミング^^;;



やっぱり同じ悩みを持ってる人は多いんだなぁ・・・と実感。
すぐにポチッとAmazonで購入ボタンを押しちゃいました。

長さ35cmくらいですかね。
しっかり背中の中央部まで届いて、保湿ローションを塗ることができました^^


この先端の白い部分はエストラマー(柔らかいゴムとプラスチックの中間みたいな素材)で
そこにローションを載せて背中に塗ります。
ただクリーム状のローションはOKですけど、ローションが染みこむ訳ではないので液体は
NG
ですね。

カラーは白、黄色、ピンク、青の4色があり、ヘッドの軟膏を塗る部分のスペアも売って
います。
お値段は1,050円から1,200円くらいの出品が多かったです。

あとこの白い部分の裏側はブラシ状の突起があり、180度回転させて孫の手として使えます。


rakuraku02.jpg

これで今年の冬は背中の痒みが解消するかなー^^
背中に上手く塗れないあなた! こんなのを使ってみてはいかがでしょうか^^

あ、ステマやアフィじゃありませんので念のため^^;

posted by グリーン at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。