東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2011年04月09日

何人寄っても・・・

相変わらず気を抜いてるときに余震がありますね。
今回、大きな被害を受けた福島県や宮城県の方々などは、本当に心配で気が気ではないと思います。
大変だとは思いますが無理せずにがんばってください。

ところで原発は今、日本には55だか56基あってそのうち37基が動いているらしいです。
そしてその中で異彩を放っているのが福井県にある、「高速増殖炉もんじゅ」です。
型式は正式には「ナトリウム冷却高速中性子型増殖炉(高速増殖炉 ループ型)」です。
ここは最初からプルトニューム燃料やMOX燃料を使用するタイプで、冷却も水ではなく
ナトリウムを使用する、何かあったときにはものすごく怖いタイプの原発です。
福島原発や余所と同じく、火災や事故を隠していたのがバレて稼動できない時期もありました。

そのもんじゅで去年の夏に事故がありました。
炉内中継装置(直径46cm、長さ12m、重さ3.3トン)がつり上げ作業中に落下したのです。
今現在も装置は引っかかったままで、撤去もできていません。
ちなみに、復旧作業に約9億4千万円の費用がかかり、また、停止中も維持費に1日5500万円
の国費がかかるらしいです。

炉から燃料棒を取り出すための装置が落下し炉に引っかかった

装置を外すために炉の蓋を開ける→炉内の冷却剤が空気と触れて爆発

じゃあ冷却剤を抜こう→燃料棒を冷却できなくなって爆発

じゃあ燃料棒を抜こう→その装置が壊れてる

じゃあ引っかかってる所を削ろう→ちょっとでも破片が冷却剤に触れれば爆発

じゃあどうすればいいの?→現状どうしようもない。
回収はこれまでに24回行われたが全て失敗
燃料棒が完全に冷えるまで数十年待つしかない

ちなみに発電所は活断層の真上
高速増殖炉は構造的に地震に弱い


今、こんなかんじでしょうか。

もし爆発でもしようモノなら、福井県を中心に半径300km(兵庫県から福島県、
当然東京も含まれます)が放射性物質で汚染されるとか。
なんでこれがもっと報道されないんでしょうね?国民がパニックにならないため?
もんじゅの近くに住んでいる知り合いが「原発回覧板にも事故のことは書いてなかった」と
言って驚いていましたし。
なんだかなー・・・

三人集まれば文殊の知恵・・・って言葉がありますけど、国と電力会社と
原発利権を貪っているどこかの団体・・・三人集まれば儲けの算段
(国民や国の事を考えられない)アホが何人集まってもアホなのは明白ですね。

あー、原発って調べれば調べるほど、埃や火の粉が舞い上がりますね・・・。
なんだか憂鬱。
そう言えば、明日、都知事選挙なんですが、現職の都知事は被災地訪問して
私は原発推進派です」と言ったり、イギリスのインタビューに「日本は核武装
するべきだ
」と答えたり・・・。
こんな人がまた再選されちゃうのかしらん・・・。
この人はかつて「前頭葉の退化した六十、七十の老人に政治を任せる
時代は終わった
」と仰っていたんですけどね。

明日の選挙は悩ましいなぁ。



posted by グリーン at 23:16| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。