東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2011年05月09日

懲りてない

なんだか今までの電力使用状況のパーツが表示できないので新しいパーツにしました。
このブログ自体を表示する際にも、そのパーツのところでずいぶん待たされていたので・・・。
・・・なんだったんだろう?
ま、大切なのはパーツじゃなくて、節電する気持ちってことで、ひとつ^^



さて、この期に及んで、もんじゅの所長さんがこんなことを仰ってます。

高速増殖炉 実用化方針に変更はないっ!

もんじゅ再開1年 近藤所長、必要性訴え

国は、もんじゅを含む原子力政策の基本方針「原子力政策大綱」の改定作業を進めていたが、福島第一原発の事故で中断している。近藤所長は「高速増殖炉の実用化を目指すとした現在の大綱が、現時点で変更されたわけではない」と述べ、もんじゅの役割に変化がないとの認識を示した。


読売新聞より 詳細はここ → http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20110507-OYT8T00008.htm



4月9日の「何人寄っても・・・」で書きましたけど、今、もんじゅって大変なことになってるんですね。
それでいて中央にはあまり知られていないので隠しきれると思っているという。
原発推進派の方が良く仰ってる「原発事故とエネルギー問題は別に考えるべきだ」ということの
具現化なんですかね?
普通は「まずは原発事故からの復興と、原因の究明を行ってから」って考えますよね?
それもせずにとりあえず自分たち推進派の蜜だけは確保しようってのがミエミエなんですけど・・・。

あと、あまり話題になっていませんけど、10日くらい前に衆院経済産業委員会で、共産党の吉井議員が
原子力保安員の院長にこんな質問をしました。

「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源喪失に至らなかったはずだ」と指摘しました。
 これに対し原子力安全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました。


新聞あかはたより 詳細はここ → http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-30/2011043004_04_0.html

つまり東電は「今回の原発事故は想定外の津波のせいだ」と言ってたのが、大嘘だったってことですよね?
この期に及んでまだ、こんな隠し事してるんですよね。

電力会社・・・というか原発村と呼ばれる推進派の人達の戯言はもう信じられないです。

原発事故は人災だ!

と大声で言いましょう。
公開の場で原発の是非を公正に論議しましょう。
原発以外のエネルギーシステムを考えましょう。
節電しましょう。
原発推進派の議員や知識人?には注意しましょう。
東北の復興に、そして原発に依存している地域の人達の生活にも考慮しましょう。
はぁはぁ・・・・

フランスの原発広告.jpg

見えている原発は、氷山のホンの一角にすぎない・・・フランスの原発広告



posted by グリーン at 23:04| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。