東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2012年01月03日

窒息事故


お正月早々、悲しい事故が毎年起きています。
そう、お餅を喉に詰まらせて亡くなる窒息事故です。


47歳男性、餅を詰まらせ死亡…知的障害者施設
直径約4センチって・・・健康な成人男子でも詰まるって。ホントに。

72歳女性が餅つまらせ死亡 狭山
入院先から帰宅許可がでて帰ってこれたのに・・・

餅詰まらせ80代男性死亡 白河
70代の男性も詰まらせたようですけど、救急隊が餅を取り除いて大丈夫だったとか。

餅詰まらせ都内101歳ら2人死亡
餅は小さく切っても、噛まずに飲み込んではいけないと。

もち詰まらせ2人死亡 年末年始、都内で13人搬送
搬送されたうち、2人が重症のようです。


私はお餅が嫌いなので、食べないんですけど、みなさん、お餅好きですよね。
搗き立てが振る舞われる餅つき大会なんかだと、救急車が来るくらい食べる人いますし。
でも、毎年お正月に「危険だ!」と言われているのに、お正月だけで10人以上の老人が
亡くなっているってどうなんでしょ?

コンニャクゼリーどこの騒ぎじゃないかと思いますよ。
コンニャクゼリーには、たしか「高齢者と幼児は禁止」とかって書いてありますよね?
お餅にも、そんな対策が必要じゃないのかしらん?

ただコンニャクゼリーについては、禁止と書いてあるコンニャクゼリーを幼児に食べさせて、
詰まらせちゃった祖父母に安全確認義務とかって問われないんですかね?
まぁ、孫(肉親)が亡くなっているので、刑事や民事責任は問いにくいのかもしれないですけど。
お餅がOKで、「食べるな(食べさせるな)」と書いてあるものを食べさせて、死亡させてしまう
のは、やっぱりすごく変だと思うんですけどね。

さて、コンニャクゼリーというか「マンナンライフの蒟蒻畑」だけが、なんか誰かに一方的に悪者に
されて圧力かけられてますよね。
あれ、誰でしたっけ?
あ、4年くらい前の消費者行政担当相だった野田聖子さんでしたっけ?
浪花製菓という野田さんの地元の会社から、蒟蒻畑を真似た「蒟蒻効果」という商品が
出たのと同時くらいに蒟蒻畑だけをやり玉にあげてましたよね。
浪花製菓の社長さんは、地元の野田さんを応援する会の会長さんだそうです。

当時、野田さんが蒟蒻畑「だけ」叩いて、ほとんど同じだった蒟蒻効果はノータッチだったのが
すごく不思議でしたよね。
あと、コンニャクゼリーで幼児が窒息死した事件でも、それが「マンナンライフの蒟蒻畑」
だったかどうかは、ハッキリしてなかったんじゃないですっけ?
2006年1年間で約4,000件の食物窒息死亡事故があったそうですが、コンニャクゼリー事故は
2件だけ。それもマンナンライフの蒟蒻畑は0件でしたよね。

この野田聖子さんは「餅は喉に詰まるというのが常識」だから問題なし。ゼリーは国民がその
ように認識していないって・・・仰ってましたけど、それってなんか違いませんかね?
当時の厚労省は「ゼリーだけを規制し、飴や餅を規制しない合理的な根拠はみつからない」って
言ってましたけどね。

お餅つまらせるのは良くて、コンニャクゼリー(それもマンナンライフの蒟蒻畑だけ)はダメ
って、ものすごーく変です。
消費者庁って、「やっぱり」議員さんの自己満足と利権のためにできたんですね。
消費者であるところの国民に、全然目が向いてないことがよくわかります。


ちなみにこんな記事があります。

「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10

1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)

2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)

3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)

4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)

5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)

6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)

7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)

8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)

9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)

10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)


詳しくはココ→ Gigazine 2008年10月01日

「お粥」や「流動食」で窒息事故って・・・。
これってほとんどの国民が常識と思ってないですよね。
野田聖子さん・・・これも禁止にしなくていいんですかね?



と、今年の怒り、第一号でした。年初からすみません。
ただ、お餅は本当に気をつけましょうね。鏡開きまだですし。



posted by グリーン at 17:41| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: