東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2012年05月02日

節電のヒント その2


今日は雨模様の東京方面です。
気温も低めで、机仕事するには良い気候ですね。
でも、これから毎日、ちょっとずつ気温が上がり、また暑い夏がやって来るんですね。
そして、節電だの計画停電だの、そんな単語がたくさん飛び交うと。


さて、節電関連でこんな記事をみつけました。


夏の節電で「テレビ休止」論 放送界の反応は冷ややか

原発事故の影響で、今夏も全国的な電力不足が懸念されている。そんな中で、電力を食うテレビ放送の一時休止を求める声も相次いでいるが、放送界の反応は冷ややかなようだ。
事故後、初めての夏を迎えたときも、節電を呼びかけるテレビ局に疑問を感じ、いっそ放送を一時休止にすればいいとの声が、ネット上で渦巻いた。



詳しくはココ → 「テレビを消すよう呼びかける必要ない」と放送界




これって、私が去年の8/10に書いた記事「節電のヒント」そのものですよね。

放送局側は「消費してるのは受像器側の視聴者なので、我々には何も出来ない」とか言ってましたよね。
じゃぁ放送を午後の2時から4時くらいまで全局で止めればいいじゃないですか?って思います。
そうすれば、一番暑い時間帯に冷房かけてワイドショーを、ぼーっと観ている人も買い物とかに
でかけて、相当な節電効果ありそうですよね。

あと、新聞社がスポンサーの高校野球も早朝とナイターにわけるとかね。
森林伐採だって「1秒ごとにテニスコート16面分が〜」とか煽っている、新聞社や雑誌社が
紙を使うのやめれば、相当量の森林が助かるはずですよ。


あの震災から1年とちょっと経っただけで、企業やビル、行楽地はもう以前と同様の明るさですよね。
ライトアップとかも当たり前のようにやっているし。
逆にうちの近所のように暗い夜道の街頭が節電のためとかいって間引かれて、さらに暗くなって
ますし。夜間は電力あまってるっていうのにね。


喉元過ぎれば熱さ忘れる・・・ってことですか。日本人の典型的な性格ですよ。
そして放送業界も新聞・雑誌業界も色々な批判はするのに、結局自分の利権には触らせないって
ことですかね。

無駄なコンセント白.jpg

個人的にでも、夏の昼間はTVやPC消して、エアコンもつけない生活をがんばりましょうかね。
去年と同様に^^


posted by グリーン at 16:33| Comment(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: