東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2012年12月02日

映画2012Dec


12月になりましたねー。
今年もあと1ヶ月・・・。
そして、12月に入った途端、すごく寒くなりました。
やっぱり冬はこうじゃなくちゃ・・・と思う反面、ちょっと痩せたので(しつこい?^^;;)寒さが
身に染みます。


さて昨日、12/1は「映画の日」でした。
これは1956年6月29日に、日本映画連合会の総会で決まったそうです。
なんでも1996年(明治29年)の11月下旬に映画が一般公開されたからで、11月下旬だと中途半端なので
12月1日にしたんだそうです。

で、私も映画を観に行って来ました。
映画の日なので大人1,000円なんですよね。

観てきたのはこの作品「007スカイフォール」です。


skyfall.jpg
劇場の入り口にあった看板を撮ってみました。

世界中で結構人気のある「ダニエル・クレイグの007」シリーズ第3作です。
007シリーズでは、通算23作目だとか。

内容は・・・うーん。
けっこう暗かったですねー。面白いのは十分に面白かったですけど。
世界的にも評論家の評判は上々らしいです。

初代ショーン・コネリーに比べると「オシャレ」や「気取った」部分が少なくて、生々しくて
泥まみれ、一所懸命って感じですかね。
世界的な不安、在来組織の見直し(仕分け?)、裏切り、世代交代と今の社会を象徴するような
設定となっています。

興味のある方はココ → 007スカイフォール公式サイト


さて、私が観に行った映画館は、館自体が前傾してイスが並んでいて前の人の頭があまり邪魔に
ならないタイプなんですね。
そして前の座席との間隔もけっこう広い方なんです。

そして、今回は封切り初日で、かつ世界的に有名な007だったせいか、外国人のお客さんも多かったです。
だけど、私の後ろに座った白人男性の若者が何度も私のイスの背中を蹴るんですよ。
わざとでは無くて、足を組み替える際に当たっちゃうんでしょうけど・・・。

映画の最初に「携帯電話は使わないで」、「前のイスを蹴らないで」、「録画録音は犯罪です」とか
注意の画像がでるのに。
映画に集中してるときに背中蹴られると、がんばって英国英語モードになっているのに、集中力が
切れてすごく嫌なんです。

上映中に騒ぐと他の人への迷惑になるので、映画が終わったとき立ち上がってキツ目の声で文句を
言いつつ振り返ると・・・。
そこには2mを越える白人男性が体を小さくして座っていましたとさ。

あれじゃ、ちょっと身動きするだけで足が前に当たるよねーって感じです。
向こうも私の怒りを理解してたみたいで、謝ってきたので許しちゃいました。

うーん、やっぱり世界的な有名作品だと外人さんも多いよなー・・・とか思いつつ。
釣りバカ日誌とか三丁目の夕日とかだと、日本人、それも平均身長のジジババが多いからこんな事も
ないんだよなー・・とか。


やっぱり家でゴロゴロしながらDVDだのBRだの観てる方が、楽でいいなぁ。
お酒も呑めるし、配偶者と話しながら観られるし。



posted by グリーン at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。