東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年01月29日

先生


しばらく冬型の気候で〜って予報でしたけど、昼間は暖かいですね。
買い物行ったりすると汗かきますもん。
あ、けっして私がデブだからじゃないですよ^^;
痩せてるとは言いませんけど・・・。




さて、この所、大阪の高校での体罰問題が色々と話題になってます。
時系列をまとめてみるとこんな感じでしょうか。



昔から教師、コーチから生徒に対する体罰(暴行)が横行していた。
     ↓
外部から市公正職務審査委員会に通報があったが、学校側は「体罰はなかった」と結論
     ↓
報告をうけた市教委もその報告を鵜呑みにする
     ↓
その後も今回のバスケット部顧問は体罰(暴力)を続ける
     ↓
バスケット部のキャプテンを体罰という名目で集中攻撃した
     ↓
部活動の顧問の体罰(暴行)により、その生徒が自殺する。
     ↓
顧問と学校側は、体罰(教育的指導)だとして隠匿。
     ↓
橋下市長が全市立学校を対象に体罰について一斉調査
     ↓
ボロボロと体罰事件が発覚
     ↓
生徒が自殺した高校については、今春の同校入試を中止
     ↓
在校生、OB、保護者が問題の顧問を擁護、「体罰は必要だ・歴史だ」と発言
     ↓
在校生キャプテングループが記者会見を行う(裏で糸引く先生、OBの存在が囁かれる)
     ↓
大阪市教育委は、外部観察チームと共に顧問の体罰を詳しく調査することを決定
     ↓
大阪市教育委は「体罰・暴力行為等対策本部」を設置
     ↓
大阪府警は顧問の体罰(暴行)行為について、事情聴取を進め、立件の可否を判断



三行でまとめると

・クラブ活動で体罰という名の暴行が横行し、生徒が自殺した
・顧問や一部の在校生、OB、保護者が体罰を容認している
・橋下市長が同校の入試中止、教師の入れ替えを指示した

って感じですか。
酷い話ですよね。

橋下市長の決断というか仰ってることは、今回はけっこうマトモだと思ったんですけど
いかがでしょう?
仲間が死んじゃったのに、そのシステムを守ろうとする在校生とか保護者とかって、
ホントに自分とクラブの事しか考えてないんじゃないでしょうか?
まぁ高校生だから考えが偏ったり感情的になったりするのはしょうがないという面も
あるんでしょうけど、だったらそれを正しい方向に向かわせるのが保護者の役目だと
思うんですけどねー。

保護者自体がクラブや学校の名誉、ひいては自分の子供の花道という利権にしがみついて
いるから学校というか顧問を擁護しちゃってるんでしょうか。




体罰って、アメリカの銃器問題と似てますよね。
問題を暴力で解決しようとする方向性が。
イソップ寓話の「北風と太陽」みたいな感じですよね。

まぁ、北風(体罰、暴力、銃器)の方が簡単に手にはいるし、抑制力も短期的には
即効性がありますもんね。
自分に自信がない、あるいは指導する能力が無い、他人を信用しない・・・そんな人に
とっては欠かせないのかもしれません。


今回の「体罰(暴行)」は、すごくタチが悪いですよ。

体罰という暴行が法律で禁じられている事なので、今回の事件は非難されて当然で、それ以上に
TVなんかでも散々言われますけど、この高校の場合、「スポーツ関係で入学すると部活は
義務で辞めると進級できない」という状態で、部活の中では顧問と生徒という逃げ場のない
人間関係の下、一方的な暴行が行われてきた事が問題なんですよね。

その善し悪しが理解できない在校生と教師と保護者・・・
マスコミに真実を漏らさないように暗躍している3年生の権力者が居るらしいですね。
まぁ全員が勘違いしてる訳じゃないんでしょうけど。


人が死ぬってどういうことか、そこまでして学校とクラブの名誉を守りそこに属することが
うれしいことなのか、冷静になって考えてみて欲しいです。
明日は我が身かもしれないのに。
明日は新入生が同じ目に遭うかも知れないのに。


人の命が軽んじられているって、こんな所から始まってるんじゃないでしょうか。


人間は生き居ていてナンボのもんです。
死ぬなんて・・・辛すぎですよね。
本人も辛いでしょうけど、残された家族なんてもっともっと辛いんですよ。
その辺りも含めて、考えられるといいですね。

そんな思考すら奪ってしまった、体罰(暴行)が、私は憎いです。


ふぅ。


posted by グリーン at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316897992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック