東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年01月31日

叫び


唐突ですが、ノルウェーの画家にエドヴァルド・ムンクという方がいます。
って、既に亡くなっていますけどね。
あの「叫び」という絵で有名な方です。

ムンクの叫び.jpg

通常、ムンクさんの描いた「叫び」なので、「ムンクの叫び」と呼ばれることもありますが、
この作品名はあくまで「叫び」です。
たまに「ムンクの叫び」って誰が描いたの?とかいう人が居て驚きますけど。

この作品は同じ構図、題名で5点存在するそうです。
で、一般的には真ん中に描かれた耳に手を当ててる人が「叫んでいる」と思われてますけど
実際には「大地の叫びを聞いて恐れおののく人間」という事らしいです。
空が赤いので、当時火山でも噴火していたのに驚いたのでは?とか言われてるらしいですね。


で、この絵を見るといつも思い出す小説があります。
五木寛之さんの1970年頃の短編小説で「夏の恐れ」という作品です。
これはノルウェーを舞台にした、ムンクの叫びをモチーフにしたものなんです。

うろ覚えですけど簡単に粗筋を書きますので、気になる方はスルーしてくださいね。



舞台となるのは第二次大戦後のノルウェーで、ナチスドイツの占領され、それに対する抵抗
運動も盛んだった国です。
ナチス占領下時代にナチス将校の愛人となったノルウェー女性が居ました。
ナチスが幅を効かせてるうちは楽しい生活をしていましたが、第二次大戦が終わりドイツが
降伏すると、ノルウェー国民の恥とばかりに近所の人達につかまり丸坊主にされてしまいます。
そして死んだと思っていた恋人が帰ってきた所に引きずり出されて、恋人に坊主頭の理由を
知られ「ムンクの叫び」のポーズで悲鳴をあげるのでした。


という筋だったと記憶しています。
が、ずいぶんと昔に読んだきりなので、けっこう違っているのかもしれません。
興味のある方は、古本屋さんで探してみてください。



と、ココまでが長い前フリなんです。

今日、何が書きたかったのかというとこの記事を読んで大変気分が悪くなったという事なんです。



峯岸処分発表 研究生に降格

戸賀崎智信18:28 - 一般公開
本日発売の週刊誌にて報道されました、峯岸みなみに関する件について、その処分を以下のように決定致しましたので、ファンの皆さまにご報告させて頂きます。

今回の報道により、ファンの皆さまに多大なるご迷惑をかけた峯岸みなみを、2013年2月1日付でAKB48 研究生に降格処分とする。


なお、今後の活動につきましては、詳細が決まり次第、改めてご報告させて頂きます。

突然の発表となりましたが、ファンの皆さまには改めてお詫び申し上げるとともに、今後ともAKB48への応援を何卒よろしくお願い申し上げます。

AKB48劇場支配人 戸賀崎智信




アイドル関連はほとんど判らないんですが、さすがにAKB48という名前くらいは知ってます。
そこのメンバーが恋愛?をしたために、このような処分をされたらしいんです。

更にこの事務所(というのかな?)から公式で、本人の謝罪動画が公開されているん
ですけど、なんと・・・
この女の子が丸坊主なんです。
まぁアイドルさんらが、何しようと叩かれようと興味はないんですけど、若い女の子が
丸坊主・・・って、ちょっと酷いというかキモチワルイというか。

でも、なんて痛々しいんでしょう。
見た瞬間に、前出の「夏の恐れ」という小説と共に、ムンクの叫びが脳裏に浮かびました。
そして、気持ち悪くなりました。
さすがに画像や動画を貼る気もしません。



これってたぶん「本人の意思で勝手に」やったって事になってるんでしょうね。
でも、本当なんでしょうか。

ちょっと調べると、このAKB48の他のメンバーで何人も「恋愛」したことで解雇された人が
いるみたいですよ。
ということは、「相当の反省を見せないと解雇する」って言われて、しがみつくためにこんな
坊主頭にしなければいけなかったのかもしれませんよね。


これって何だか「暴力を体罰と言い張る」のと似てるように思います。
誰か止められなかったのかな。

人間なんだし、若くて独身なんだから「恋愛」したっって良いじゃないですかね。
そして彼女らのプロデューサーが「恋愛禁止なんて言ってない」って発言したと、週刊誌
の広告で読んだ記憶もありますよ。
でも責任者というか事務所は、「商品価値が下がるので恋愛なんてもってのほか」と思って
るのかもしれません。


といいつつ、明日になって「あれはCGでした」とか、最近流行の?「炎上商法」だとか
だったらちょっと悲しいですけどね。
いろんな意味で・・・。


高校の部活での体罰と言う名の暴力、オリンピック代表に対する監督の暴力、暴言、そして
芸能界でタレントに対する処分という名の人間性の否定・・・。

日本って経済大国と言われているのに、その下では昔ながらの古い悪習がはびこったまま
なんですね。


なんか辛い夢観ちゃいそうです。
早く髪の毛伸びるといいですね。

ふぅ。




posted by グリーン at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317332811
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック