東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年02月03日

節分 2013



今日も案外暖かかったですよね。
昨日に続いて、ハイネックシャツじゃなくてTシャツで快適でしたし。
このまま春なのかなーと思ってると、また雪降ったりするんでしょうね。
まだ用心しとかないとです。

あ、あと昨日北海道方面で大きな地震がありました。
一部、停電なんかもあったみたいですけど、この季節、北海道で停電なんかしたら本当に
命懸けな状態になっちゃいますよね。
知人、友人に被害は無かったようなので一安心ですけど。



さて、今日は節分ですね。
近所の商店街では、赤鬼に扮装したおじさんが小さな子供をかまってました。
豆だの恵方巻きだのを売りたくてしょうがないんでしょうか。

この「節分」ですけど、元々は「季節を分ける」って事らしいですね。
ココで言う「季節」ってのは四季の切り替わり、つまり立春だとか立夏だとかのあれです。
で、その切り替わりの前日を「節分」と言ったようです。
なので、この節分は昔は年に4回あったらしいんですけど、まぁ立春が一年の始まりって
こともあり、立春の前日が節分として残ったらしいです。


まぁ、これは新暦か旧暦かってことなんですよね。
節分は旧暦で言うところの大晦日ってことですし。

あと厄年というのがありますよね。 男性だと数えで25歳と42歳とか女性だと19歳と33歳、
37歳とかのあれです。
この「数え年」というのは、「元日から誕生日前日午後12時までは『満年齢+2』、それ以降
は『満年齢+1』で計算する
」年齢の数え方です。若い方は知らないかな?

厄年自体の根拠は不明らしいですけど、まぁこの年齢の頃にはたしかに色々とありそうな
感じですよね。
昔からの経験則もあるんでしょうし。



で、この厄年がいつから始まるのか・・・なんですが、とりあえずは立春、つまり節分の
翌日から始まるらしいです。

厄払い自体は、厄年の節分前でも、厄年の最中でもいつでも良いみたいですね。
ひょっとすると地域ごとに厄払いの時期があったりするのかもしれないですけど。

あと、大事な事があります。
厄払いは「御願い」するのですから、厄が終わったらちゃんと「御礼参り」をしないと
いけません。
まぁ、お不動様はどんな人でも受け入れてくれるくらい心が広いので、お礼参りしなかった
からといって、バチとか当てたりはしませんけどね。
そういえば、お不動様では、鬼すらも救済の対象にしてくれるので、節分の時に「鬼は外」
って言わないんだとか・・・。


海外の一神教の神々(というか信者?)に教えてあげたいですね。
海外の場合、宗教が元で戦争することが多いくらいですから。

戦争して何かが救われるんですかね。
日本人を人質にして、最終的に殺しておいて、何が聖戦? 何が宗教?
単なる排他的自己満足人間のエゴじゃないですか。



そんな事を考えた、節分でした。
ふぅ。









posted by グリーン at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。