東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年02月19日

映画2013 Feb - 不死身/最後の日 -



今日も雪が降りましたね。
それも北風が強いのか横殴りの雪です。
寒っ・・・。
昨日は24節気の「雨水」で、「雪が雨に変わる時期」ってことなんですが、今年は雪が
よく降りますよね。
地球温暖化なんてどこ行ったんでしょう・・・って感じです。
まぁ、雪国はこんなもんじゃないんでしょうけど。


さて先週末ですけど、映画を観てきました。
夫婦でどちらかが50歳以上だと1人1,000円で観られるって制度を利用してですね。
1,000円だと映画も気楽に観られていいですね。

で、観てきた映画は「ダイ・ハード/ラスト・デイ」です。
あの全身傷だらけになって走り回る、ブルース・ウィリスさんのシリーズものです。
今回は5作目ということで、1作目の「ダイ・ハード」が1988年公開でしたから25年目の
作品ですね。4作目からは6年振りですか。





内容については、まだ上映中なので詳しく触れませんけど、このサブタイトルの「運の
悪さは遺伝する
」という文句そのままの内容でした。

まぁこの「運の悪さ」が「最も不運なタイミングで、最も不運な場所に居合わせる、最も
不運な男であり、簡単には死なない(ダイハードな)男
」レベルなので遺伝された方も
たまらないでしょうけど。

私の好きな言葉に「幸運は呼び込む努力をする者のところにやってくる」というのがある
んですけど、それと同じパターンでしょうか。

私は「『幸運』とは、日頃何かをしていてそれが連鎖反応的に周り廻って自分のところに
良い結果として戻ってくるという意味
」だと思ってるんですが、ブルース・ウィリスさんの
場合は「『運の悪さ』とは、日頃何かをしていてそれが連鎖反応的に周り廻って自分の
ところに悪い結果として戻ってくるという意味
」なんでしょうね。

いえ、彼が日頃から悪さをしてるって事じゃなくて、「変だなと思った事をそのままにできない
という性格がそうさせてるのかなと。


「ダイ・ハード」シリーズでは、やっぱり1と2作品目が好きですね。
なんといっても、薄着で血まみれになりながらも走りまくる行動力と、同時に「なんで
こんな事になったんだ」とか「どうしてこんな目に遭うんだ」とかいう自問自答も結構
笑えました。
あれだけ暴れて置いて「どうして・・」もへったくれも無いもんだと思いますよ。
まぁ、その「行動してから悩む」って姿に、ある意味感動したんですけどね。

それが「ダイ・ハード3」から、悩んで後悔する部分をサミュエルLジャクソンさんに
任せちゃったじゃないですか。
あの方の演技力はすごいですけど、マクレーン(ブルース・ウィルス)さんの魅力が
半減しちゃったかなーと。


これからまた数年して、シリーズ6作目が出て欲しいですよね。
「ダイ・ハード 帰ってきたマクレーン」とか「ダイ・ハード がんばれマクレーン」とか
「ダイ・ハード マクレーンお達者クラブ」とか・・・

でもブルームーンとかピンクキャデラックとか好きだったなぁ。
ふぅ。



posted by グリーン at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323978965
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック