東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年05月17日

もんじゅ それから2013


今日はちょっと風が強いモノの良い天気です。
晩春って感じですかね。夏がそこそこ近づいてきていると言う感じで。


さて、2011年頃、私にしては豆に「高速増殖炉もんじゅ」について記事を書いていました。
ご興味ある方は以下のリンクからどうぞ。


2011-04-09 何人寄っても・・・

2011-05-09 懲りてない

2011-05-23 もんじゅの恐怖再開

2011-06-14 釘を抜けっ!

2011-06-23 釘抜き開始

2011-06-24 釘抜き大作戦 − 速報

2011-07-01 原発の総括原価方式

2011-09-26 終わりの始まり

2012-08-09 オリンピックのこちら側では



その「もんじゅ」に対して「無期限の使用停止命令」が出るみたいですね。
大震災での福島原発の体たらくを見て、日本中が危機感を覚えたのに、民主党と
原発利権村の人々の暗躍で、その安全性対する非難や不透明性がもみ消されそうになりました。
でも、安倍さんのおかげと言うより民主党の大敗退のおかげなんでしょうかね、今回の
運びとなったようです。

でも、原研や原燃や各電力会社なんかは、裏から色と手(とお金)を廻して、なんとか
現状通りにやっていこうとしていたんですが、やっぱり「驕る平家は久しからず」って事で
色々とボロが出ましたね。

保安規定にある重要機器を含む機器全般の点検漏れが9,679ヶ所もあったそうで、更に
それらに対して虚偽報告までしていたんだそうです。


流れとしてはこんな感じですかね。


・2011年3月 
大災害による福島原発の事故から、もんじゅを含めた多くの原子炉に緊急安全対策を行う
よう経産省から指示される
    ↓
・2011年4月 
もんじゅは「電源車の配置、緊急時の使用済燃料貯蔵槽の冷却確保などの安全対策を施し、
またすべての電源喪失を想定した訓練を行った」と報告
    ↓
・2012年9月
原子力規制委員会による抜き打ち検査で点検漏れが発覚。
ちなみにこの検査は「もんじゅの存続を決める」ための検査でした。
    ↓
・2012年11月 
原子力規制委員会によって、9,679個の点検漏れがあったことが公表される。
つまり、もんじゅ側から虚偽の報告がされていたことが露呈する。
    ↓
・2012年12月
原子力規制委員会に呼ばれた、鈴木理事長(当時)は「ミスが出るのはやむをえない」と
発言し、規制委員会からキビシイ非難を受ける。
    ↓
・2013年3月  
原子力規制委員会の立ち入り・保安検査を行ったところ更に点検漏れが発覚。
    ↓
・2013年5月
原子力規制委員会は、日本原子力研究開発機構に対し、「無期限の使用停止命令」。
文科省が鈴木理事(当時)を呼び指導するも、電話にて理事を辞めると連絡がありこれを
認める。



でも日本原子力研究開発機構さんは「文科省からは再発防止の方法について是正せよって
命令が出たんだから、見直せばいいんでしょ?
」くらいにしか思ってないかんじですよね。
活断層だってありそうなのに。


以前の記事でも色々書きましたけど、高速増殖炉はこんな問題点があります:

「冷却にナトリウムを使用する非常に危険な設備で廃炉の方法が確立されていない」

「発電しなくても毎日5,000万円くらい維持費が掛かる」

「大震災などで被害を受けると、大阪から東京までが含まれる範囲で大規模な放射能汚染
が拡がる」


こんな代物なわけです。
まぁ廃炉の方法が確立されてないのは他の原子力発電所も同じですし、莫大な維持費は
結局、電気を使う我々が払う料金に上乗せされててるんですよ。
それを管理・維持する側がこれじゃ、誰も推進しようなんて思わないですよ。



そう言えば、「もんじゅ君」というキャラがあります。
高速増殖炉もんじゅをもじったキャラで、推進派と思いきや実は・・・な、キャラです。
当然、非公式キャラですけど^^;;
もんじゅだけじゃなくて各地の原発も、その本心は「何もせずもう隠居して眠りたい
ってことらしいです。

もんじゅ君.jpg

詳しくはココ → もんじゅ君公式サイト


でも、もんじゅが廃炉になるとしても、これから先がまた大変そうですよね。
100年くらいかけて技術の試行錯誤と利権団体との攻防の歴史が始まる訳です。

私が死ぬまでに最後が見届けられないってのが、なんだかなぁ。
人間は手を出しちゃ行けないモノに魅入られちゃったって事なんでしょうか。

ふぅ。

posted by グリーン at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

笹子トンネル事故



北海道方面は相当寒いみたいですね?
知り合いや友人がけっこう居るのでちょっと心配です。
って、南関東在住者に比べたら、雪の扱いや怖さは遥かに上手ですけどね。

こちらは昨日の夜くらいから意外と寒くないですよ。
陽が射す南側の部屋で色々してるとハイネックシャツ1枚で十分だったりしますし。
小さな島国と言われる日本ですけど、けっこう温度差はあるもんですね。



さて、昨年末でしたっけ、中央高速道路の笹子トンネルというところで、天井板のコンクリ
が落下して死傷者が出た事故は。
その後、色々と調査してみたら1,211ヶ所もの不具合があったそうです。
昨年9月の定期点検では問題無かったんだとか?



うーん、どうしたんでしょうね。
高速道路をメンテナンスしてるのは、NEXCO中日本こと中日本高速道路株式会社なんですが
技術力は高いはずなですけど。
一昨年の東日本大震災の時に、NEXCO東日本が常磐自動車道の大亀裂を1週間で補修した事
なんか記憶に新しいですよね。

その時の感動を2011/4/5に「底力」というタイトルで記事にしてるくらいですもん。
その時の画像を見てください。

NEXCOEJ.jpg

それが、今回の事故における点検の不備はどうしたんでしょうね。


まず一番考えられるのは、2005年に実施された道路関係4公団の民営化でしょうか。
つまり公団から民間会社になった訳ですね。
更には税金をバンバン投入して質の高い作業をしてたのが、原価を考えながら作業を
しなければならなくなったって事でしょうか。

まぁ民間会社だからって手抜きや事故起こしちゃいけないんですけど、色々な経費削減
からトンネル検査の人手も相当減らされてるんじゃないですかね?
だから、ハンマーで叩く検査じゃなく目視で済ましちゃったとか。


二番目には、落下した「天井盤を吊す方式の排煙機構」が本当に必要だったのかってこと
ですか。
トンネルには24時間大型トラックなどが通るわけですから、風圧による気圧の変化だの、
振動だのが天井盤とその固定ボルトに掛かるわけですよね。
これを設計した当時に、ちゃんと構造上の計算をしてたんでしょうか・・・。

建設省時代の負の遺産ってヤツですけど、まぁ大昔に作ったトンネルなので、今更誰も責任
とらないですよね。



あと今回、笹子トンネルで発見された1,211ヶ所の不具合は、昨年の12月に起きた事故の
影響で不具合が発生した可能性もあるんだとか。
更に一昨年の大震災も影響してるという説もあるみたいです。
ということは、一ヶ所破損するとそこからどんどん不具合が拡がっていくってことですよね?
ダムの壁がビーバーの囓った穴からどんどん拡がって決壊するシーンが脳裏に浮かびます。


2月下旬を目標にトンネルを全面復旧させるらしいですけど、スカスカのコンクリ製天井板
を使った方式のままんまで復旧なんでしょうか・・・。
それってちょっと怖くないですかね?

あ、それ以上に日本全国で笹子トンネルと同じ方式の天井を持つトンネルが49ヶ所あるそう
なんですが、そこが既に怖いですよ。



民営化ってやっぱりコスト削減を追求しちゃうからゼネコン関係や道路関係には不向きなん
でしょうか?
公団だとすごく無駄な税金掛かるってイメージでしたけど、やっぱりお金をかける部分は
ケチっちゃだめなんですかね。


まぁ公団でじゃぶじゃぶ税金使ったのも自民党、どこかからの要望で民営化したのも自民党、事故起こした遠因も自民党(建設省)、そして今「公共事業は必要なんです」と再度言い始
めたのも自民党・・・。

これはマッチポンプじゃない・・・。
ふぅ。












posted by グリーン at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

オリンピックのこちら側では


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 会者定離 ★★★★★★★★★★


今朝は湿度が低かったせいか、気持ちの良い涼しさでしたよね。
風も案外涼しくて、昔の夏って感じでした。
子供の頃って8月でも、ラジオ体操に行く頃はけっこう涼しかったですよね。
やっぱり日本は平均気温が上がってるのかな。



さて、TVではオリンピックの事ばかり報道して浮かれていますけど、そのこちら側では
消費税法案が可決したり、野田内閣がいよいよ解散か?なんて動きがありました。
なんだか、オリンピックで浮かれてる隙に・・・みたいな感じがしてしょうがないです。

あ、あとひっそりとハマコーこと浜田幸一元議員が亡くなりましたね。
政界の暴れん坊というあだ名で、ほんとうにイス振り回して暴れてたお方ですけど、
最後は認知症だったとか。
富津や木更津のチンピラからのし上がって来て、やり残したことは無いのかも知れませんね。
ご冥福をお祈りいたします。


それとこんな記事がありました。


「もんじゅ」完全復旧を発表 10年に装置落下

日本原子力研究開発機構は8日、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で
2010年、原子炉内に燃料交換装置が落ちたトラブルから完全復旧したと発表。
安全協定に基づき、県と敦賀市、同県美浜町にトラブルの終結を報告した。
(朝日新聞デジタル 2012年8月8日22時0分)



これについては、昨年の4/9の記事「何人寄っても・・・」から、6/24の記事「釘抜き大作戦
- 速報
」までで書いたように、とりあえず落下した燃料交換用クレーンの引き上げには成功した
けど、その後の事故の原因分析、対応の安全性検証などに1年以上掛かったということですね。

興味のある方は、以下の日本原子力研究開発機構敦賀本部の発表をご参照ください。

プレス発表・定例週報」の「高速増殖原型炉もんじゅ 炉内中継装置の落下に係る
復旧完了について
」というPDFファイルです。

詳しくはココ →  日本原子力研究開発機構敦賀本部




とりあえず、「もんじゅ」で起きていた目の前の事故から「完全復旧した」という報告を
県と敦賀市、美浜町に報告したってことなんですけど、なにも終わってないと思いませんか?

政府はもんじゅの廃炉を含む核燃料サイクル政策を見直していますし、もんじゅの敷地内に
活断層がありそうなので再調査が必要で、それには9億円以上もかかるとか。
原発の建設や運用の認可は、経産省が行って居るんですから、当然ながら断層の調査結果は
経産省に提出されているはずですよね。
それがどうもうやむやになってるって噂もありますけど、どうなんでしょう。
安全だ、大丈夫だと言ってきたんですから、その辺りの資料も東電のビデオと同様に国民に
公開して欲しいモンですよね。

文殊菩薩.jpg
文殊菩薩

しかし、もんじゅって色々ときな臭い取引が裏であって、夢も危険性もすごく大きな原発
実験炉だったんですけど、もともと試験運転しかしていなかったのにこんな事故起こして、
運転停止していても、1日あたり5,500万円も掛かるというものすごい金喰い虫でしたしね。

廃炉するにしたって、その手順は確立されてないみたいですよ。
原発設計するときに「廃炉など行うためには、将来の技術力がそれを確立しているものとする」
っていう究極の先送り解決だったみたいです。


消費税増税について「日本の未来がダメにならないよう、問題を先送りしないで今の国民が
血を流そう」」とか言ってごり押ししているんですから、原発だって「日本の未来がダメに
ならないように、問題を先送りせずに今、節電して脱原発しよう」ってどうして言えないんで
しょうかね。


ふぅ。







posted by グリーン at 15:46| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

猛暑の原因


今日も暑(略


さて、今日も猛暑日で、関東では例によってグンマーを始め35度以上の場所が多かったようです。

なんでこんなに暑いんですかね?
3年前でしたっけ?各地で記録的な猛暑だったのって。
それから毎年ですよね。

これって日本だけじゃなくて、海外でもそうらしいですね。
ロシアだとかアメリカでも猛暑で何人も亡くなっているそうですけど。


この猛暑の原因って、まぁ自然界のことですから100%把握されてる訳じゃないでしょうけど
どうも「偏西風の蛇行」が、そうみたいですね。


この偏西風ってのは、ちょっと難しいですけどWiki先生によれば、

偏西風(へんせいふう)とは中緯度においてほとんど常時吹いている西寄りの風のこと。
地表付近においては亜熱帯高圧帯(中緯度高圧帯)から極側に吹き出す風がコリオリの力に
よって東向き(西寄り)となり偏西風となる。
また、赤道付近の大気は極付近の大気よりも暖められているため、静水圧平衡の関係より
上層においては赤道が高気圧、両極が低気圧となっている。このため地衡風の関係により
中緯度上層においてもやはり東向きの風が吹き偏西風となる。


ってことらしいです。

要は、地球は赤道付近は暑くて高気圧、北極、南極は寒くて低気圧が多いんですけど、地球は
回転してるのでその回転する力の慣性力(コリオリの力)が生まれるんだそうです。
で、その力で気圧の変化を起こし、風が西から東へ強く吹くってことですかね。
あってるかな?

で、普通の偏西風は、北半球なら赤道と北極の間くらいをまっすぐ西から東へ吹くらしい
ですけど、赤道と北極の温度差が大きくなると、南北の蛇行するようになるらしいんですね。

これが「偏西風の蛇行(偏西風波動)」と言われて、猛暑の原因となっているんだそうです。
赤道辺りの高温な空気が偏西風が蛇行することで、北の方に流れ、いつもなら涼しいロシアだの
北アメリカだのが急に暑くなるわけですね。
日本や韓国もしかりです。

で、さらに考えると、じゃなんで赤道辺りが暑くなりすぎるかというと、「エルニーニョ現象」と
呼ばれる、あれですね。
海の冷水域が急に無くなって、水温が急上昇する現象です。
逆に冷水域が増えるのが「ラニーニャ現象」ですね。

エルニーニョ.jpg

この画像でも判るように赤道付近の海がずいぶんと赤くなっていますが、これがエルニーニョ
らしいです。


まとめると

1.エルニーニョが発生

2.太平洋赤道海域の水温が上がる

3.赤道付近の気温が上がる

4.北半球の場合、北極との温度差が広がる

5.いつも西から吹いている偏西風がこの温度差でまっすぐ流れず蛇行する

6.蛇行した偏西風がタイミングによって赤道付近の猛烈に暑い空気を北に吹き上げる

7.いつもは涼しい国に暑い空気が流れ込み、猛暑となる



てなことでしょうか。


今年に関して言えば、エルニーニョ絡みの偏西風波動は、今年は発生する可能性が高いと
言われていますけど、まだはっきりと発生してはいないようですね。
ただ、発生すると秋にかけて色々な異常気象などの発生つながるという予報もあります。


単に、暑い暑い、熱中症予防に水分補給を・・・・だけではなく、災害などの対策も夏休みの
うちに行っておきたいですね。

うちの場合、ベランダの植物か・・・^^;


ただ関東地方は日曜日以降、暑さも一段落するみたいなので、今週末までですかね・・・。
こんなに暑いのも。

って、お盆休み頃にまた暑くなるんでしょうけど。



色々と気をつけましょうね^^


posted by グリーン at 17:03| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

窒息事故 その後


今日は日射しも強くなく絶好の運動会日和でした。
気温も上がりすぎずよかったです。
でもこの季節、曇り気味といっても紫外線は強いんですよね。



さて、今朝の新聞にこんなニュースがありました。

兵庫県の男児(当時1)が、こんにゃくゼリーをのどに詰まらせ死亡したのは、安全性に
欠陥があったためだとして、両親が製造元のマンナンライフ(群馬県富岡市)と同社社長らに、
約6240万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、大阪高裁であった。
八木良一裁判長は、請求を退けた一審・神戸地裁姫路支部判決を支持し、両親の控訴を棄却した。
(朝日新聞デジタル 2012年5月25日)


詳しくはココ → こんにゃくゼリー死亡訴訟、両親の控訴棄却 大阪高裁



これは今年の1/3に「窒息事故」という記事でも書きましたけど、喉に詰まって死亡するなら
お餅の方がよっぽど危険性が高いのに、なぜマンナンライフの蒟蒻畑だけが問題にされたのか
という疑問への回答ですね。

要は当時の消費者庁主導でイチャモンつけたんですよね。蒟蒻畑に。
その担当相だったのが、野田聖子さんで、彼女の地元の後援会長がマンナンライフの競合他社の
社長さんだったと。


当時1歳だった幼児が亡くなったのは非常に悲しいことですけど、その幼児に「危険」と書かれた
コンニャクゼリーを冷凍して食べさせた保護者の責任問題は無しなんですかね?
なんだか自分が殺してしまったという事実を忘れたくて責任転嫁してるような気がします。
また、国民の安全という意味で、コンニャクゼリーだけではなくいろんな食物の危険性を
公知させるべきなのに、自分の政治的地位のために特定の商品を血祭りにするのってどうなんでしょ?

逆にマンナンライフ社が、野田さんと今回の両親に賠償請求したらどんな結果になるんですかね?
まぁ、日本の企業はそんなことしないと思いますけど。







2008年の夏にこの事故が起きてからも、お正月にはお餅を喉に詰めて亡くなった方々が
何十人も居ます。
その対応は何にもしていなんですよね。


結局、消費者庁って、私利私欲で一企業を叩いただけで、何もしてないんですね。
あ、日本でレバ刺し禁止にするんでしたっけ。


posted by グリーン at 15:20| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

障害


昨日(5/20)の昼前から1日以上サーバーの障害などで、このブログの更新が
できませんでした。
閲覧、投稿などができなかったのは、頭文字が「o」と[p」で始まるユーザみたいです。
ここも「oldgreen」で、「o」から始まっているため対象になったようです。

障害内容.jpg

今は、どうにか復旧したようですね。
サーバーがハードウェア的に故障、停止した場合などは、機器を交換し、バックアップから
データを戻せばいいですけど、機械的には故障しておらず、アクセスも集中していない
とかだと、復旧というか対処は難しいですよね。
今回はどんな障害内容だったのかしらん?


なんにしても、復旧に当たられたエンジニアの方々、ご苦労様でした。




posted by グリーン at 12:29| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。