東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2012年05月05日

原発ゼロ


国内の原発50基のうち、唯一稼働している北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)が5日深夜に発電を停止し、日本は42年ぶりに「原発ゼロ」の状態に入る。

詳しくはココ → <原発ゼロ>いら立ち募らす経済界 「1年たっても政府は無策」



一番最初の原発が運転開始してから、初めて「稼動原発ゼロ」になりましたね。42年ぶりですか。

昔から、原発反対の運動を続け、原発ゼロを目指していた人々は複雑でしょうね。
運動というか国民の力で止めたんじゃなくて、事故が起きてしまってから止まったんですから。


それにしても、原発って事故が起きるとこんなに大変だって事がわかったのに、まだ「再稼動」と
言ってる人が多いのが不思議です。
原発利権ってそんなに良いものなのかしらん?

まぁ、大企業やそれにつらなる関連団体などは、エネルギー問題がこれからどうなるか
何も決まってないので、すごく不安でしょうね。
そして会社や仕事の締付や規模縮小が続くと、結局は労働者にそのおはちが廻ってきて、不況が
加速しかねないですし。


とっとと国は、強権で東京電力を破綻処理して、原発に頼らないエネルギー政策論争を初めて
欲しいです。
破綻処理しないことには、東京電力やその下部団体がどのくらい資産を隠し、無駄やお手盛りを
続けられるようにしているかが判らないですもん。

破綻処理したって、りそな銀行は営業してますし、日本航空の飛行機は飛んでますよね。
東京電力が、浄化できたら、国民はもっと協力すると思いますよ。
計画停電でも。


でも、政権交代したら、表向きは今より何かが進むように見えるでしょうけど、その裏で元に
戻る反作用も強く働くような気がします。



どうなるのかなぁ。
未来って明るいの?









posted by グリーン at 15:55| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

2012/3/11


ブログの更新をサボってごめんなさい。
なんだかダルイというか体と頭が重いというか・・・
花粉のせいなのか何なのか・・・

どうも個人的にこの季節が好きになれないんですよね。
なんだろう・・・
好きな冬が終わってしまうからなのかな。
花粉が飛んでるからかな。
年度が変わる前後に色々とめんどくさい事があるからなのかな。
それに大震災の記憶が追加されちゃったからかな。



もう1年経ったんですね・・・
ほんとアッという間でした。

だけど、被災された方々の復興も「アッという」時間しか経ってないせいか全然進んでいません。
何がいけないんでしょうか。誰がいけないんでしょうか。


さんざんこのへなちょこブログでも書いてきましたけど、


まずは被災地の復興

原発推進派と原発事故の責任者の糾明

そして日本経済の適切な建て直し



この辺りに力入れて欲しいですね。



桜と猫.jpg


もうすぐ桜の季節ですねぇ・・・


posted by グリーン at 23:52| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

沖縄と原発


なんだか昼間はもう春めいてきましたね。
いつもはタートルネックシャツなんですが、今日は首ぐりの開いたTシャツで過ごしましたけど
十分に暖かかったです。
買い物にも久しぶりにニット帽をかぶらず行きました。
ただ今夜から雨が降り、明日朝には凍るかも・・・なんて予報もありますけどね。
何にしても、氷や雪に弱い都心ですから、まだ油断はしないようにしましょうか。


さて、昨年の写真週刊誌の記事に、ご自分の立場を何か勘違いされている田原総一郎氏
2つの事を書かれていたそうです。
実際に読んでいないので、伝聞調ですみません。


1.今でこそ自民党も含めすべての政党が脱原発を言い出しているが、実は福島原発が起きる
  前はすべての政党が原発を容認していた

2.沖縄に原発が一つも存在しない理由は、そこに在日米軍が集中しているからである


詳しくはココ → なぜ沖縄に原発は存在しないのか



これを読んで私は2つ目の事が気になりました。
そういえば、確かに沖縄には原発は無いなーと思いました。
米軍基地はたくさんあって、いつもニュースになっていますけど。
で、この記事を読んで一瞬「なるほどー米軍が嫌がってるから原発を作らないのかー」と
思っちゃいました。

でも考えてみると、沖縄って島ですよね。ということはそれほど面積は広くないと。
もし原発作るならどの辺に作るんでしょうか?
また、基地問題だけでも揉めているのに、更に原発を作るなんていったらどうなるか目に見えて
ますよね?
本当に米軍の意思だけなんですかね?


更に、沖縄の電力事情ってどうなってるんですかね?
電力が足りているなら原発作る必要も無いでしょうし。

沖縄電力のサイトによると、「電源設備の増強」という説明で、こんな事が書いてあります。



沖縄県においては地形的および電力需要規模の制約などから、水力・原子力の立地が当面困難であるため、電力のエネルギー源は石油や石炭などの化石燃料に頼らざるを得ません。
現在、当社の主要電源設備としては、石油火力発電所(2地点)と石炭火力発電所(2地点)があり、沖縄県の旺盛な電力需要を支えております。
近年、地球温暖化問題への関心が高まるなか、エネルギーセキュリティーの確保やCO2排出量削減を図る観点から、次期電源として石油や石炭に比べてCO2排出量の少ないLNGを燃料とした吉の浦火力発電所の建設を推進しております。



つまり、電力消費は増加傾向にあるものの、石油、石炭そして天然ガスを使用した発電で
なんとか足りそうだということですか。
まぁ、東電や九電、四国電などのように信用できないかもしれないですけどね。


ということで、何となく信じそうな話を裏付けを証さず述べ、国民を煙に巻くというお得意の
「オレだけが知ってるんだ」的なお話なんですかね。
先日、北朝鮮の拉致問題の発言で裁判に負けてしまった事件と同様って事ですか。

原発に関しては、確かに原発利権に絡む「原発マフィア」というのが存在しそうですけど、もし
するならそれを白日の下に晒し、糾弾するのがマスコミや関係者の責務じゃないですかね?
政治家も同じですけど。


ちょっと前に書きましたけど、原発事故の収束は「関係者の責任問題を明確にし処罰する」という
事が出来ない限りありえないです。
日本国民として。

なので田原さんだけでなく、政治家の皆さんも責任問題をきちんと追求して本当の収束を
図って欲しいものです。
自分の保身ばかり考えずに・・・




posted by グリーン at 16:39| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

トーデン


週初め早々、月火と雨で一週間の始まりで挫けたしまった方々も多いんじゃないでしょうか。
気温も言われてたほど上がらなかったですけど。
でも最近の天気予報(今は気象情報と言わないといけないらしいです)は、けっこう当たると思いませんか?
多少天気の変わり目がずれることがあっても、晴が雨になる事は少ないように思います。
やっぱり民営化したので、責任とか罰則とかあるのかも知れないです。

明治時代に気象庁の前身である中央気象台が天気予報を出していたのですけど、これが
まぁ当たらない。
なので日露戦争に出兵した兵士の死なないおまじないとして「そっこうじょ」を3回唱える
というのが流行ったそうです。
つまり「そっこうじょ」→「測候所」→「天気予報をはずす所」→「(弾が)当たらない」と
言うことらしいです。

気象情報は相当に精度が上がって居るんですが、逆に「温暖化」や「花粉」、「黄砂」、「火山
の噴火による灰」など、予報の精度だけではどうしようもない問題が増えてるような気がします。


さてどうしようもない問題の一つに「原発事故」がありますよね。
事故発生から11ヶ月も経つのに、まだ原子炉の内部の状況もハッキリしてないですし。
昨年末、どじょう総理が早々に「収束宣言」とやらを出しましたけど、あれって根拠がなく
単なる、怒りの矛先を自分から逸らそうという意図がミエミエでした。
Yahooの意識調査でも「93%が妥当ではない」という結果でしたし。


原発事故の収束」って二つの事が必要ですよね。

一つ目は、被害を受けた人々や土地、施設の復旧
二つ目は、事故の原因究明と責任者の洗い出しと処罰


一つ目は政党間の足の引き合いで遅々としか進んでいませんし、その内容もおそまつです。
そして二つ目って、まったく手が着いていないようにしか思えません。
原発推進派だった大学教授なども、手のひらを返したように「原発慎重派」になってますし。
中には「人間誰にも間違いはある、反省したのだから原発反対派になってもいいじゃないか」と
いう人もいます。
勘弁して欲しいですよ。
反省すれば何でもOKじゃなくて、それなりに罪を償わないといけないと思います。

1.東京電力を国の直轄にして、好き勝手やらせない。

2.原発利権で甘い汁を吸っていた人、団体、政治家などに責任を問わせる。


この二つがハッキリしないと、土地から放射性物質が消えたとしても、国民は誰も今回の事故を
許さないと思いますよ。

地震対策.jpg

事故の直前まで、東電のサイトでは、こんなデタラメな説明をしてたんですよね。
今は東電が抱える原発の現状の報告しかありませんけど。



今年は「ウソがばれても開き直る事」を「トーデン」という言葉を使って、流行語大賞に
しましょう!

posted by グリーン at 19:48| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

窒息事故


お正月早々、悲しい事故が毎年起きています。
そう、お餅を喉に詰まらせて亡くなる窒息事故です。


47歳男性、餅を詰まらせ死亡…知的障害者施設
直径約4センチって・・・健康な成人男子でも詰まるって。ホントに。

72歳女性が餅つまらせ死亡 狭山
入院先から帰宅許可がでて帰ってこれたのに・・・

餅詰まらせ80代男性死亡 白河
70代の男性も詰まらせたようですけど、救急隊が餅を取り除いて大丈夫だったとか。

餅詰まらせ都内101歳ら2人死亡
餅は小さく切っても、噛まずに飲み込んではいけないと。

もち詰まらせ2人死亡 年末年始、都内で13人搬送
搬送されたうち、2人が重症のようです。


私はお餅が嫌いなので、食べないんですけど、みなさん、お餅好きですよね。
搗き立てが振る舞われる餅つき大会なんかだと、救急車が来るくらい食べる人いますし。
でも、毎年お正月に「危険だ!」と言われているのに、お正月だけで10人以上の老人が
亡くなっているってどうなんでしょ?

コンニャクゼリーどこの騒ぎじゃないかと思いますよ。
コンニャクゼリーには、たしか「高齢者と幼児は禁止」とかって書いてありますよね?
お餅にも、そんな対策が必要じゃないのかしらん?

ただコンニャクゼリーについては、禁止と書いてあるコンニャクゼリーを幼児に食べさせて、
詰まらせちゃった祖父母に安全確認義務とかって問われないんですかね?
まぁ、孫(肉親)が亡くなっているので、刑事や民事責任は問いにくいのかもしれないですけど。
お餅がOKで、「食べるな(食べさせるな)」と書いてあるものを食べさせて、死亡させてしまう
のは、やっぱりすごく変だと思うんですけどね。

さて、コンニャクゼリーというか「マンナンライフの蒟蒻畑」だけが、なんか誰かに一方的に悪者に
されて圧力かけられてますよね。
あれ、誰でしたっけ?
あ、4年くらい前の消費者行政担当相だった野田聖子さんでしたっけ?
浪花製菓という野田さんの地元の会社から、蒟蒻畑を真似た「蒟蒻効果」という商品が
出たのと同時くらいに蒟蒻畑だけをやり玉にあげてましたよね。
浪花製菓の社長さんは、地元の野田さんを応援する会の会長さんだそうです。

当時、野田さんが蒟蒻畑「だけ」叩いて、ほとんど同じだった蒟蒻効果はノータッチだったのが
すごく不思議でしたよね。
あと、コンニャクゼリーで幼児が窒息死した事件でも、それが「マンナンライフの蒟蒻畑」
だったかどうかは、ハッキリしてなかったんじゃないですっけ?
2006年1年間で約4,000件の食物窒息死亡事故があったそうですが、コンニャクゼリー事故は
2件だけ。それもマンナンライフの蒟蒻畑は0件でしたよね。

この野田聖子さんは「餅は喉に詰まるというのが常識」だから問題なし。ゼリーは国民がその
ように認識していないって・・・仰ってましたけど、それってなんか違いませんかね?
当時の厚労省は「ゼリーだけを規制し、飴や餅を規制しない合理的な根拠はみつからない」って
言ってましたけどね。

お餅つまらせるのは良くて、コンニャクゼリー(それもマンナンライフの蒟蒻畑だけ)はダメ
って、ものすごーく変です。
消費者庁って、「やっぱり」議員さんの自己満足と利権のためにできたんですね。
消費者であるところの国民に、全然目が向いてないことがよくわかります。


ちなみにこんな記事があります。

「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10

1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)

2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)

3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)

4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)

5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)

6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)

7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)

8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)

9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)

10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)


詳しくはココ→ Gigazine 2008年10月01日

「お粥」や「流動食」で窒息事故って・・・。
これってほとんどの国民が常識と思ってないですよね。
野田聖子さん・・・これも禁止にしなくていいんですかね?



と、今年の怒り、第一号でした。年初からすみません。
ただ、お餅は本当に気をつけましょうね。鏡開きまだですし。



posted by グリーン at 17:41| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

その自信はどこから・・・電力会社

ほんとにめっきりと寒くなりましたね。
夕方に買い物行くとき、パーカーだけじゃ寒いのでウィンドブレーカーを着てます。
自転車に乗ってる方々はもうダウンジャケットですね。
ただ、何十年も昔に比べるとまだまだ暖かい方なのかもしれないですけど。
山梨県出身の友人のお父様曰く「昔は富士五湖に張った氷でスケートができたもんだけど、
今じゃ氷も張らない」とのことですし。


さて、こんな記事がありました。

政府は、東京電力に少なくとも総額1兆円規模の公的資本を注入する方向で調整に入った。
福島第1原発の事故対応費用の増加などで、13年3月期に東電が債務超過に陥る可能性が
高まっているため。来年6月の定時株主総会で新株を発行する枠である株式授権枠の大幅
拡大について承認を得た上で、原子力損害賠償支援機構が東電の新株(優先株)を引き受ける
形で来夏の実施を目指す。勝俣恒久会長ら東電の現経営陣の大半を退陣させ、東電の一時、
実質国有化に踏み切る構えだ。
(毎日jp )


詳しくはココ → 東電、実質国有化へ 公的資本1兆円注入


少なくとも」で1兆円ですけど、最大では2兆円は必要になるらしいですね。
実質的な国有化が決まると、まずは無用(無能)な東電のお偉いさんをどんどん首切りできます
よね。今はノラリクラリと逃げ回って、かつ高額な給料をもらっていますけど。

ただこの最大で2兆円もの税金が、社員のボーナスや民主党への献金に使われたりすると
イヤですよね。
ただでさえ「独占企業」で、一般家庭は使用しないわけにいかない状況なので、ものすごく
強気じゃないですか?
そこってやっぱり「国策で進めたのだから国が守ってくれる」という変な自信があるのかも
知れないですよ。献金も沢山してる見たいですし。

その自信を裏付けるかのように、こんな記事があります。

東京電力が電気料金を早ければ2012年秋から時限的に10%値上げする検討に入ったことが
8日、分かった。停止中の柏崎刈羽原発(新潟県)も13年春から順次、再稼働を目指す。
(東京新聞)


詳しくはココ → 東電、料金10%値上げ検討 13年春から原発再稼働も 


建前は、「原発事故の被害者への賠償に支障が出る恐れがあるため」ということですけど、

1.賠償が冗談かと思うほど低額
2.放射能は無主物なので賠償責任は無いと言っている
3.今回も平均で37万円以上のボーナスが出ている(上層部は当然遥に高額)

こんな現状があるわけで、それをどうするんですかと・・・。
本当は「社員の厚遇を維持できないため」じゃないのかと勘ぐってしまいます。

原発再稼働だって、大地震などの災害が起きる可能でしだってあるわけですよね?
ということは、最悪、更に原発事故被害が拡大する可能性も大きいわけですよ。
ろくな対策もしてないですし。

まだ東電は甘えているというか、何かにすがって過信しているような気がします。
実質的な国有化といっても、それを管理するのは献金した議員さんや天下りなんだから
どうにでもなる。電気を作ってるのは電力会社だけなんだから
」って思ってるんですよね。

東電土下座.jpg
土下座だって座布団敷いてるし

国有化するなら原発部門は切り離し、原発後処理会社として廃炉と事故賠償の担当会社と
し、国の権限で国立・国定公園などでの地熱発電やその他の新しい発電方法を現実化する
会社にして欲しいですね。
民間参入ももっと認めて。


ところで、このブログの左側にある「電気使用状況」が、18:53現在、93%になっていますけど
これって本当はもっと発電できるのに、危機状況だということを見せたくてこの数字
なんですかね。
どうも東電のする事には、裏がありそうで信用できないですね。




posted by グリーン at 19:03| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。