東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2016年07月02日

梅のジャム


今日は暑かったです。
湿度も高くて冷たい飲み物が美味しい季節となりました。

さて、昨日、梅干を漬けたのですけど、傷の無い綺麗な実だけを
選んで漬けたんですね。
ということは傷がついて傷んだ実もあるわけです。
捨てるには忍びないので、ジャムにしてみました。


洗って成り口を取りました。
これで280gくらいです。
Jam01.jpg


たっぷりの水に梅の実を入れ弱火で30分くらいゆでます。
Jam02.jpg

一番硬い実の皮が破れたらOKです。
Jam03.jpg

そっと取り出し水に1時間くらい漬けます。
Jam04.jpg

水気を切ったら手で実を潰し種を取り除きます。
Jam05.jpg

グラニュー糖を梅の実の重量の70%くらい用意します。
今回は280×0.7=196gですね。
潰した実に砂糖の半量を良く混ぜます。
Jam06.jpg


鍋に移し火にかけます。中火くらいで7分くらいでしょうか。
焦げやすいの火から離れないでくださいね。
Jam07.jpg


鍋に残りの砂糖を投入しよくかき混ぜ、さらに1〜2分。
Jam08.jpg


280gの実から207gのジャムができました。
Jam09.jpg


梅はジャムのとろみの元のペクチンが豊富なので、「まだ緩いかな?
くらいでOKです。

砂糖の量が多いと感じかもしれませんが、実の重さの70%くらいの量で
甘く感じるジャムになります。
50%の砂糖だと酸味が残ってけっこうすっぱいジャムになります。
この辺はお好みで。

実は私はジャムってほとんど食べないんですねw
作るのは好きなんですけど。
味覚の中で「酸味」がけっこう苦手なんです。
熟したフルーツ、柑橘系やイチゴ、桃など「甘い」って言われますけど
どんな高価なものでも、やっぱり酸味が勝って感じられ苦手なんですよね。

次は何のジャムを作ろうかしらん♪


posted by グリーン at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

梅干


もう7月なんですね。
日々、大したことしている訳ではないんですが、それでも
時間の経過はあっという間です。
光陰矢のごとし・・・

とは言いつつも、季節に関するタスクはたくさんあるわけで、梅酒を造るべく
八百屋に生梅を買いに行きました。
そうしたら、出足が遅かったせいか黄色い(熟した)梅しかなく、方向転換して
梅干を漬けることにしました。

まぁ、漬けるって言っても簡易な方法でですけどねー。

梅干って塩とか紫蘇を混ぜて樽や瓶に入れて上から重しするって方法が一般的ですよね。
この重しは梅から水分を搾り出しそこに塩分を染み込ませるって方法で梅干を作ります。
それと同じことを重しを使わずにできないのか?と考えた方がいるんですね。
それは密閉ビニール袋に梅干の材料を入れ、中の空気を抜くことで浸透圧などの
関係で重しを載せたのと同じ効果が得られると・・・。
やってみるしかないですねw


まず梅、それも熟して黄色くなった梅を購入します。
とりあえず1kg購入したんですが、傷があるのもを撥ねたら大体700gくらいになりました。

umeboshi-1.jpg

これを洗って生り口を爪楊枝などで取り除きます。

umeboshi-2.jpg
ボウルが115gなので梅は705gくらいです

塩は荒塩を使います。もっと高級な塩だと美味しいのかしらん?
塩の量なんですが、梅の重量の10%なら塩分10%の梅干が、20%なら塩分20%の
梅干ができます(たぶん)。
今回は約700gに対して15%で作ってみたいので105gくらいですかね。

umeboshi-3.jpg
容器の重さは予めマイナスしてあるので荒塩だけで107g

これらの梅と塩をジプロックなどの密閉できるビニールに入れます。

umeboshi-4.jpg

で、これが重要なんですがジプロックのチャックを大体閉め、隙間にストローを
差し込んで思いっきり吸います!
塩の塊を吸い込まないように注意!

umeboshi-5.jpg

空気を抜いたらすかさずチャックをしめます。

umeboshi-6.jpg

この状態で土用の丑の日まで寝かせます。
今年は7月30日らしいです。
あれ?一月しかないけど大丈夫かな?・・・・


途中、水分が出てきますのでやさしくかき混ぜ、また空気を抜いて寝かせる・・・を繰り返し、土用の丑の日になったら天日で3日くらい干します。


これで冬に焼酎のお湯割りに入れる梅干ができあがる予定です。

途中経過なども含め、また報告しますー
わくわく。


posted by グリーン at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

タイ・フェスティバル2016


今日はお仕事関係で外出だったのですけど、行きも帰りも濡れずに済んだのでラッキーでした。
幸運は呼び込む努力をする者のところに訪れる・・・って言葉もありますけど、なんか努力したかな?w


さて、5月の中旬ですけど、今年もタイフェスティバルに行ってきました。
第17回開催でしたけど、うちは14回目の参加かな?
けっこう昔から行ってますよね。

タイフェスティバルってご存知の方は多いかもしれませんけど、まぁ大混雑なんですよ。
日本中のタイ料理の名店が屋台をならべて参加していることや現地からの新鮮なフルーツなどがたくさん売られているせいもあってものすごい人ごみなんです。
冗談じゃなくて地面が見えないレベルですよ。
慣れない人は人ごみの中、屋台でご飯を買っても食べる場所が無くかといってしゃがんで食べるわけにもいかず、彷徨っている所をよく見かけます。

猛者は開場から閉場まで、ずっと集団でたむろしビールを飲み続けて
ますしね。


さて、今年のゲートです。
なんだか例年よりちょっと安普請かしら?

DSC_0110.JPG


お約束のフルーツカービング。
フルーツを細かい刀で削って花みたいにするあれですね。

DSC_0112.JPG


私の大好きなドリアン!
5年くらい前までは各地のフルーツ売りのブースで山盛りに
なっていたもんですけど、今年はこれだけ・・・
初日の朝だったせいかな?


DSC_0117.JPG


初日開場そうそうの会場。
こんなに人が少ないのは初めて見たかも。

DSC_0121.JPG


フレッシュドリアン!!
年に一度、ここで食べるのが楽しみなんです。
本当に美味しい!!
TV番組でやってるような「臭い」なんてぜんぜんしないんですよ!
甘いチーズクリームを食べてるような美味しさ♪
今年は大きくてうれしいなぁ。税込み500円也。

DSC_0126.JPG


お約束のグリーンカレー。
辛いのにすごく美味しい味。好き!
お弁当系はすべて税込み500円です。

DSC_0177.JPG


これも定番のガパオライス。
目玉焼きが載らない年もあるんだけど今年はOK。

DSC_0176.JPG


もち米とローストチキンのお弁当。
初めて食べたけど、もち米が本当にお餅の搗く寸前みたいなやつ。

DSC_0175.JPG

これらの食事と飲み物などを仕入れて、隣の代々木公園の芝生に移動してレジャーシートを敷いて美味しくいただきました。
そして木陰でお昼寝w

毎年思うんですけど、タイの大使館後援のせいなのか、昔からごみの分別とかいっぱいになったゴミ箱はすぐに片付けるとか、そんなことが徹底してるんですよね。
そのせいで、ごみをその辺に放置する人も見かけないし。

どんなに混雑しても、そんなこんなでとても気持ちの良い、そして美味しいフェスティバルでした。

詳しくはココ → タイ・フェスティバル 2016公式サイト


来年はみなさんも是非〜!


posted by グリーン at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

コリアンダー


今日梅雨の中休み?で午後には晴れ間もありました。
やっぱり晴れると洗濯物が乾くので気持ちがいいですね。

さて、タイトルのコリアンダー・・・ブーケガルニなどに入ってるあれですね。

パクチー.jpg

セリ科の一年草で、英語だと「コリアンダー」、タイ語だと「パクチー」です。
中国語だと「香菜(シャンツァイ)」とも呼ばれます。
最近はエスニックブームの影響もあってか、パクチーを売りにしている
飲食店も多いですよね。

さて、去年の2月頃に書いた記事で、「パクチーラーメン」というのがあります。


その続編になるんですが、こんなのを食べました。
その名も「コリンアンダーフォー」です。

1465890354500.jpg

要はパクチーのフォー(米粉麺)ですね。
味は美味しかったですー。

私はパクチーなどの香りが強いものが結構好きで、この前もタイ料理店で
パクチーだけの大盛りサラダなんてのを食べてきました。
パクチーが嫌いという人も案外居ますけど、どこかで調査した結果
世界中の人口の15%くらいはパクチーを食べると「石鹸の味がする」、
カメムシの臭いがする」人がいるそうです。

何だか遺伝子で「OR6A2」という塩基対があって、この遺伝子に変異が
ある人はパクチーが放つアルデヒドに敏感になり、同じくアルデヒドを含む
石鹸と同じにおいを感じるらしいです。
カメムシの臭いもアルデヒド類ですし。

なるほど、パクチーの和名が「カメムシソウ」なのも頷けまず。
パクチーの臭いがカメムシの臭いに似ていることから古典ギリシア語のカメムシの
意味になる「koris」と、香りの強い香辛料として使われている「Annon」を
組み合わせて 「Koriannon」となり、コリアンダーと呼ばれるようになった
くらいですもんね。

私はパクチーだけじゃなくて、ブルーチーズもクサヤもフナ寿司も好きですよー。
なんでみなさんこんな美味しいものを食べられないんだろう・・・と思っていたら
遺伝的なものだったんですね。
ちょっと納得。

これからは人に勧めず、自分だけモリモリと食べることにしなきゃですね。

posted by グリーン at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

パクチーラーメン


こんばんは〜♪
今日は朝方ちょっと雪が降りそのまま冷たい雨に変わって1日が終わる東京方面です。
寒いですねー

こんな寒い夜はちょっと呑んだ後に暖かいモノが食べたくなります。
簡単に食べられるカップ麺や電子レンジ鍋物とかいいですね。
カップ麺も昔は油と塩分とスチロールカップ(環境ホルモン)の固まりとか言われて
いましたけど、最近では野菜多め麺少な目とかカロリー200kcal以下とかカップは紙製
とか色々考えてありますよね。

で、以前はマルちゃんとかの生麺みたいなインスタントラーメンとかを食べてましたけど
最近はこれです。

パクチーラーメン!

パクチーラーメン.jpg

ベトナム製の袋ラーメンなんですけど、丼に乾麺とスープやペーストと水350ccを入れ
電子レンジで3分30秒で食べられるんです。
パクチーが好きな人にはたまらな手軽さです^^
一袋88円で購入してきました。


裏の説明書もちょっと前までは日本語のシールが貼ってあったのに、最近では最初から
日本語が印刷されてるんですよね。
あ、表面にも日本語が入ってる!
現地生産で日本語対応・・・どれだけ日本で売れてるんだろう・・・。
今まで不定期入荷だったのが、「明日から定期的に入ってきます〜」とか店員さんが
言ってたし。
確かに手軽で美味しいもんなぁ。

パクチー嫌いな方もけっこう居ますけど、パクチーって実はコリアンダーだってご存知でしたか?
中国語とか東南アジア圏の言葉か英語圏の言葉かって事でしょうか。
スパイスとかは平気でコリアンダー使うけど、パクチーは苦手!って人もいるのかも。


体にも良いそうですから、試してみませんか?
パクチーラーメン。


美味しいですよ♪
お試しアレ〜♪


2015/2/20追記:
袋の裏には3分30秒電子レンジで・・・と書いてありますけど、この季節、水が冷たいせいか
500Wで4分から4分半くらい加熱しないと麺がちょっと硬めです。
ま、好みによって時間を調節してみてください。
posted by グリーン at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

タイカレー その2



寒くなりましたね。
東京方面では明日の夜から雨が雪になるかも知れない・・・なんて予報がありました。
外の出したままの植物が気になるところです。


さて、去年の6月頃「タイカレー」という記事を書きました。

パンや缶詰で美味しいグリーンカレーが発売されていますという内容ですね。
そこで、いなば食品から発売されたグリーンカレーとレッドカレーの缶詰が安くて
美味しいという感想を持って以来、けっこう愛用していたんですね。
そうしたら、やっぱり他社からもでてきましたよ。タイカレー缶。


マルハニチロ食品の「タイグリーンツナカレー」と「タイレッドツナカレー


maruha_thai_curry.jpg


先発のいなば食品が、レッド、イエロー、グリーンのカレーをツナとチキンのバージョンで
合計6種類発売しているのに対して、マルハニチロは2種類で様子見なんでしょうか。
まぁマルハニチロ食品は海産物をメインに扱う会社ですからチキンは扱わないんでしょうね。
ちなみに両方ともタイで生産しているみたいです。


早速食べてみました。

マルハニチロ食品「タイグリーンツナカレー」

  食べて真っ先に思ったのが「全然辛くない」でしょうか。
  ココナツミルク風味とダシの存在が大きいですね。
  いなば食品のグリーンカレーは、辛さもがけっこう強いですよね。
  あと具(ツナ)の大きさがいなば食品より大きいんですが、具の中までカレーが滲みて
  ないのでツナの味がよく判ります。
  私はツナの中まで滲みてる方が好きですけど。

マルハニチロ食品「タイレッドツナカレー」

  最初の印象は「ずいぶんとドロドロしてるなぁ」ですかね。
  クリーミーなカレーです。
  これも具のツナが大きいです。
  お味は申し分ないですけど、なんだかタイカレーを食べてる感じがしないです。


ということで、いなば食品の辛いタイカレー(味は美味しい)とマルハニチロ食品のコクの
あるタイカレー
というスタンスですかね。
この辺り辛さの好みもあるので採点は別れるところかも知れません。

しかし、「マルハ タイカレー」でGoogle先生に聞いてみると、ほとんどが「いなば食品の
タイカレーとの比較」で記事が書かれていました。
やっぱりどうしても比べられちゃいますよね。
内容もどちらかが優れているという記事じゃなくて、両方ともそれなりに美味しいという
評価が多かった気がします。
私も同意見ですけど。


でも、いなば食品製とマルハニチロ食品製のどちらかを買わなくちゃいけなくて、かつ
値段が同じだったら、いなば食品のタイカレーを買うと思います。
だって、辛いのが好きなんだもん^^;;


機会があれば是非食べ比べて見てください。
スーパーなどで安売りしていれば一個108円から128円くらいの値段ですから、一家四人で
食べても500円前後で済みます。

御飯だけじゃなくて、パスタのソース替わりとしてもいけますよ♪



posted by グリーン at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする