東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2011年09月12日

レーザー核融合

なんだか最近、原発を再稼働させようとしている勢力が、何かしてるような気がするんですが
そう感じるのは私だけでしょうか。
「今の原発に頼らなくても大丈夫」という技術があれば、もっと押さえつけられるというか
脱原発にもうちょっと楽に行けそうなんですけどね。

さて、なんでも現在の原発とは異なって、高効率で安全な発電方法が研究されていて、
アメリカとイギリスの共同研究により、手応えを感じられたんだとか。
実験で全世界の電気使用量と同じ量が発電できたのだとか。

詳しくはココ(英語) → Is 'laser fusion' the future?

また、レーザー核融合って何?って方はココ → レーザー核融合って何?


現在の原発は、ウランなどを原子炉で核分裂させ、その時発生する熱を利用してお湯を沸かし
タービンを廻して発電してるんですよね。
このタービンを廻す力を水流で行うと水力発電、石油を燃やしてお湯を沸かして廻すと
火力発電ですね。

で、この現在の原発は、「核融合反応が起こるように原子核同士を近づけるためには、
1億度以上という超高温状態が必要で、また発電に必要なエネルギーを取り出すために、
核融合燃料が十分燃焼する必要があります。このため一定の密度と閉じ込め時間が
必要になるなど
」手間がすごく掛かり、その割には核燃料が
本来持つ出力を100としても、3くらいしか出力できてないそうなんですね。

ところがこのレーザー核融合というのは、核燃料を凝縮させ、そこのものすごく強力なレーザー光を
当てて一気に高温にして一瞬で爆縮させて熱を得るという方法だそうです。
少ない放射性物質で効率よく、大出力の電力を得られるってことなんですかね?
よく判らないでしょ?私も解ってません。すみません。

まぁ、とりあえずは実験成功って事なんでしょうけど、実用化まではまだまだ時間がかかるんでしょうね。
実現可能なスケジュールが確定したら、日本の原発推進派を黙らせられますかね?
日本だけ、原発利権の闇の力が強すぎて、これもガラパゴス発電になっちゃうんですかね?
噂ではウランを売ってくれる予定になっている国が、日本の震災を知って収束方向になっていて
この先、ウランが輸入できない状況が起こり得るなんて言われてます。
「そのために使用済み燃料から再利用できるMOX燃料を作り出せる高速増殖炉のもんじゅが・・」
なんて言われそうですけど、そのもんじゅだって15年たっても全然実用化の道が示せてない
ですよね。

考えると150年前くらいは、月代剃って「拙者」とか「ござる」とか言って、刀で人殺してた
んですよね日本人って。
やっぱり原発とか今の近代化社会って、分不相応だったのかもしれませんね。
それらが無くても誇れるモノがたくさんあったでしょうに。

いや、他国を基準としない誇りが。


posted by グリーン at 22:53| Comment(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

電力制限令

本日(9/9)で、電力制限令が解除されるそうです。
ピーク時の電力を15%カットしないさいというあれですね。
特に企業に対しては罰則、罰金もあるというものです。

節電状況.jpg
2ヶ月間の成果

さて、個人以上に企業の方々は規模の大小を問わず大変だったと思います。
本当にごくろうさまでした。
って、節電ってもう止めても良い訳じゃなくてここからが勝負なんですけどね。

さて、この15%削減という数字の根拠はなんなんでしょうね?
そもそも、東京電力の発電能力というか最大発電量が明確に示されてなくて、その後
最大発電量の発表される数字も正確ではなかったということがばれたのに、この15%という
数字自体は最初からそのままでしたよね。

普通の会社で、週4日間100%で営業して、1日を休み(0%)にすると、1週間で20%削減した
事になるんですが、これは違反で罰金を取られるんですね。
節電が14%くらいしかできない会社は「悪質ではない」として許されるらしいですが。

電力制限令が解除されても、節電を続ける企業もあるようです。
まぁ、一旦節電パターンしたのに、元に戻すと再度、電力制限令が発令されたときに
対応するのが大変だからという事もあるんでしょうけどね。

この電力制限令は無用であるという興味深い記事がありました。

電力使用制限令が無用である理由

東電管内の電力供給にとくに不足はない。東電の8月末の供給力は 5620万kwhと
みこまれている。
このうち 140万kwhを東北電に融通し,東北電は4月中旬の計画比 160万kwh増の
1370万kwhを確保できる。東電はひところは「大幅電力不足」と騒いでいたが,
いつのまにか 5620万kwhの供給力をえていた。そのうちの一部を東北電力に与える
ほどの余裕が生じてもいた。結局「夏の停電対策は不要」である。さらにいうと,
揚水発電の分を追加できる。上記項目では揚水発電で最大1000万kW を追加できる
はずであったが,東電の計算では,揚水発電はたったの250万kWにしか明示して
いなかった。

東電は3月11日以後,原発がなければ電力供給が間に合わないと,それこそ消費者側に
対する「脅迫的示威」を平然とおこない,しかも消費者を舐めきったような「計画停電」
を3月中に発動・頻発させ,経済・社会に混乱を生じさせ,大迷惑を与えていた。
この東電の経営姿勢は,まさしく「反社会的・非道徳的」な,つまり企業の社会的責務
とは縁遠い,電気事業地域独占会社に特有の専横傲岸で「犯罪的ともいってよい虚偽」
の発露であった。日本の「経済・社会に大打撃を与える違法行為」を犯していた。


全文はココをご覧下さい → 社会科学者の時評

日本の企業(国民)って本当に真面目ですよね。
根拠も解らず、東電のおかげでこれだけ痛い目に遭わされても、節電に協力しているんですし。
社員に少額ですが平均40万円のボーナスを出す東電、自分の失敗の後始末を値上げと税金
まかなおうとする東電、本当の情報を出さない東電に協力してるんですよね。

電気ってインフラとして重要ですし、原発も現地に交付税とか特別なお金をばらまいて
地方が脱原発できないようにしているんですよね。
もし、どこかの電機メーカーさんが、小型で安価で大容量の蓄電池を開発しちゃったら
電力会社はどうするんでしょう。

はっ・・・!
すでに妨害とか握りつぶされたりとかしてるのかもしれませんね。
裸電球を製造する工場の減価償却ができるまで何十年も蛍光灯の特許を握りつぶしていたと
言われるGEや東芝さんみたいに。

posted by グリーン at 22:57| Comment(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

やっぱり総括原価方式

昨日の朝日新聞の記事で、こんなのがありました。

東電の料金、高めに原価設定か 経営・財務調査委が指摘

良いタイミングでしたね。
東電が電気料金を15%程度値上げしたいと言いだしたところでしたから。
よその国に比べても電気代が倍以上する日本なのに、これ以上どうして?と思ってた
ところでしたよ。
まぁ東電救済法案が通ってしまったので、何も出来ないのかな?とくやしい思いを
していたところでした。

7/1の記事「原発の総括原価方式」でも書きましたけど、法律と利権団体に守られて
絶対損をしない、いや絶対に儲かる方式で価格設定をしてるんですね。

たとえば東京電力が事業(発電、送電、広報、工事、土地買収から集金人の給料まで)に掛かる
金額の全てを原価とし、その原価に対して3.5%〜4.4%を利益として電気料金に上乗せして良いって
事なんです。

例えば、去年1年間で1兆円の金額が原価として設定すると、利益率を3.5%とすると350億円を
利益として電気料金に上乗せして良いと言うことです。
この「原価」には、原発の放射性物質の将来的な廃棄・埋め立てに掛かる費用は安全対策
更に今回の福島原発事故での補償金などすべてを含むことができるんですね。
なので、去年が1兆円だとして、今年が補償などでとりあえず100兆円掛かるとすると、
去年の100倍の3兆5000億円を利益として電気料金に乗せて良いことになってるんです。
つまり事故起こそうが何しようが、どんどん原発作ったり推進すればするほど、絶対に
儲かる仕組み
になっているんです。
だからこそ、お金ばらまいて大学教授を巻き込んだり、大規模献金で政治家巻き込んだり、
それどころか電力会社から議員や知事を当選させたりしてるんですよ。

原発事故賠償イメージ.jpg

まぁ、政府の介入でこんな単純にはいかないらしいですけど、総括原価方式ってのはそんな
感じなんですね。
原発利権といって、政治家や悪い人達がかじりついて離さないのも解ります。

で、今回の朝日新聞の記事は、そんな国家公認詐欺みたいな体質の企業が、利益というか
電力価格を決めるために重要な「原価」を必要以上に高く見積もっていたことが、どうやら
露呈したということが書いてあります。
更に、これは東電だけですけど、調べれば他の地域の電力会社だって同じ事やってる可能性
ありますよね。
なんてったって、国家公認で一丸となって推進されてきたんですから。
シンポジウムのヤラセ依頼だって一ヶ所だけじゃなかったですしね。

電力会社は、発電と送電に事業を分離して、送電を国家事業にするとかにすればいんですよね。
あと民間参入しやすいようにするとか。
そのためには法律の改正など、今の電力会社と原発推進派にとって有利になっていることを
改変するわけですから、そうりゃ相当の抵抗がありそうですけどね。

なんにしても、徹底的に東電の資産の実体を調査して、値上げもさせない、増税もしない
そして原発を停止、廃止させる方向に行って欲しいもんです。
今まで検証していなかったのはこれで解ったんですから、これからは赤裸々にきちんと
説明というか原価を明確にしていく義務がありますよね。
これだけの人災事故を起こしちゃったんですから・・・



posted by グリーン at 23:04| Comment(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

発電・・・節電・・・

東京は雲の流れが速いものの、陽が射していて暑いです。
でも台風一過という気持ちの良い気候ではないですね。
被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。


さて、昨日の記事でちょっと触れた伊方原発ですけど、今日から1号機と3号機が定期点検に
入るため運転停止なんですってね。
すごい偶然。
というか、日曜日からというのも不思議ですけど、台風が来てたんですから、ちょっとくらい
予定を早めてもよかったのにと思いますよ。
逆に台風が過ぎてから・・・って待ってたんですかね?


しかし、原発にしても火力、水力、地熱にしても発電って、得た力でタービンを回してそれで
電気を発電するんですよね。なんか非効率的な気もしますけど。
風力もあの羽根のところに発電設備があるので、ある意味同じですよね。

最近では波力発電や海水と真水の塩分濃度差で発電しようというものまでありますけど
これもやっぱり最終的にはタービンを回すんですよね。

波力発電
http://www.chuden.co.jp/kids/kids_denki/tsukuru/tsu_wave/index.html
http://euro.typepad.jp/blog/2009/09/opdpelamis-a311.html

浸透圧発電
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2011/06/statkraft-osmot.html

そんな中でタービンを廻さない方法としては、太陽光発電だけですかね。
ただこれって案外、発電する効率が良くないのでまだまだって感じらしいです。
それに、なんだか100億円寄付するといって結局撤回した人と、隣国系の方々の利権工作
ずいぶんと変なことになってそうですけどね。

重要なのは、節電して、更に余った電気を溜められるようにすることじゃないですかね。
小型で蓄電容量の大きなバッテリーが開発されれば、発電方法は一番安全なものでいいんじゃ
ないでしょうか。

私が最初に購入した携帯電話ってとても大きくて、電池の保ちも標準電池で待ち受け1日、L電池で
3日くらいだったのが、今じゃ待ち受けのみだったら2週間以上OKですよね。
それもすごく小型化されてますし。
実はそんな方向に力を注ぐと海洋エネルギーや自然エネルギーでどうにかならないですかね。

今までは、原発利権が絡む権力者や組織から、研究自体が邪魔されていたようですけど、ここにきて
悪事がけっこう露見してきていますので、チャンスですよね。

供給電力が足りない=自然エネルギー利用は無理=やっぱり原発推進

という流れは是非とも断ち切りたいです。
蓄電システムを開発、改良する、もっと省エネ製品を開発する、節電を意識する。
そんな流れがいいですよね。


もっと勉強しなきゃ。

posted by グリーン at 21:37| Comment(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

節電のヒント

うー、今日も猛暑日。暑かったですね。
こまめに水分補給をするんですけど、呑んだ瞬間に肘や腕辺りから、汗がダラダラと流れてきます。
家にいても暑いので、思い切って1時過ぎに買物に行きました。
商店街もスーパーもガラガラでしたよ。
涼しかったのでゆっくり買物できました。
レジも1ヶ所しか開いてないんですけど、人が少ないので全然問題無し。
そうかぁ・・・スーパーとかも昼過ぎの2時間くらいは閉めちゃってもいいかもしれないですね。
売上も対して上がらないなら、節電に効果的かも。

そういえば、こんな記事がありました。

黙殺された野村総研の“TV消せばエアコンの1.7倍節電”報告

詳しくはココ → Newsポストセブン

週刊ポストの記事なんですけどね。
なんでも「エアコン1台を止めることで期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。
一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなる
」そうなんです。
つまりTVを消すことが、エアコン止めるより1.7倍の節電効果があるんだとか。

考えてみると電気を一番消費するピーク時の昼過ぎって、再放送とかあまり力の入ってない
帯番組とかばかりですよね。
そんなTV番組が「節電しましょう」と言ってるのってなんか変ですよね。
TVをみんなが消して、TV局も放送をやめるとすごく良いんじゃないですかね?
家庭でのTVの発熱も無くなる訳ですし。

TV局は、自分たちの利益を守るために、節電効果の高いTVを消すことという報道を
黙殺してるんですね。

考えたら、新聞や雑誌だって紙に印刷するのを止めれば、余計な森林伐採をしなくて済むんだし
1秒ごとにテニスコート16面分が伐採されてるのを減らすことができるかもしれないですよね。
最近では新聞読まない人が増えてるみたいだし。

新聞絶滅時期.jpg
何度かクリックすると大きくなります。

結局、資本主義だのなんだのって、利益を追求するためには何でもするし、大切なことでも
隠して行くみたいだって事が判ってきましたね。

そんなこと続けていると、そのうち世界大恐慌が来て、巨大隕石や大地震より先に
地球が終わっちゃうかもしれません・・・。

なんて言ってると、悪徳宗教につけ込まれちゃいそうですね^^;;
自分で出来ること、やり続けなくちゃ。



posted by グリーン at 23:48| Comment(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

節電は本当に必要?

今日も暑くて、昼過ぎにものすごい眠気というか朦朧としてきたというか、あ、こりゃヤバイと
水分補給して、冷たい水で顔を洗いました。
ひょっとするとこれって熱中症の一歩前だったのかも。

そういえば、うちの近所に水場が無いようなので、ベランダに雀用の水を置いてあるんですけど、
この数日、雀の来る頻度が高いです。
ちょっと前は2〜3口飲んでから飛び立っていたのに、今日なんて6口くらい飲んでましたよ。
雀と言えども相当暑いんですね。

雀.jpg
網戸越しなので不鮮明ですけど・・・

窓明けて風が抜けているのに、室内で熱中症って・・・
ただでさえ、冷房使わないお年寄りとか多いのに、これだけ無節操に節電って宣伝しちゃうと
ますます熱中症になる人が増えちゃうんじゃないですかね?

そんな時、こんなニュースが目に留まりました。

東電、余力あれば西日本融通

東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は12日の会見で、夏の電力需給に関連し
「その日の電力の需給状況で余力がある場合、西日本の電力会社から融通の要請があれば、
余力の範囲で要望に応えたい」と述べた。
- 時事ドットコム 7/12 -


詳しくはココ → 東電、余力あれば西日本融通


こ、これって・・・
デンキガアマッテル・・・って事ですよね?
あれだけ原発が無いと発電量が足りず、停電するかもしれないから節電しろと
言っていたのに・・・。

会社全体がウソをついてた訳じゃないでしょうから、まぁ良い方に解釈してあげれば、
やればできるのにやらなかった・・・あるいは、原発無しでなんて考えたこともなかった
ってのが本当の所ですかね・・・。

佐賀県の原発も再稼働第一号になるかと思ったら、知事自体が九州電力の後押しで当選したような
人だったので騒ぎになってますよね。
俳優の山本太郎さんが押し掛けたのもうなずけます・・・。

なんでしょうね。
日本人って、ダマされやすいというかお上の言うことは信じちゃうんですね。

かつて日本が連合軍(アメリカ軍)に占領されていたとき、日本の教育改革を担当していた
GHQのお役人さんは、こう語ったそうです。
日本の教育を変えて、天才が出ないようにします」と。
彼らが日本に施した教育プログラムはこんな感じだったそうです。

第一に、白人に対する徹底的な劣等感を植え付けること。
第二に、アメリカは素晴らしい国だと信じ込ませること。
第三に、自分独自の意見を作らせないこと。
第四に、討論や議論を学ばないこと。
第五に、受身のパーソナリティを作ること。
第六に、一生懸命勤勉に仕事させること。
第七に、目立つ人の足を引っ張ること。

これらは、イギリスの植民地だったインドで実践された教育方針そのままだそうです。
要するに、上からの命令に疑問を持たず、与えられた課題だけ勤勉にこなす”しもべ”を作る
教育ってことですね。。


でもその歴史もこれまでだといいなぁ。

未来では、ちゃんとした目で物事を見られる子供が増えてくれることを祈ります。


posted by グリーン at 22:54| Comment(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。