東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2013年08月04日

孤独な騎馬警察隊


空が全体的に雲に覆われているせいか、暑さも猛暑と言う感じじゃなくて、普通の夏・・と
言った感じの東京方面です。
夕方になると風が冷たいですし。なんだか山の上みたいな感じです。


さて昨日映画を観てきました。
例によって夫婦50才以上で一人1000円ってヤツですね。
観てきた映画はこれです。

ローン・レンジャー

kimosabe.jpg
ショボイ写真でごめんなさい

詳しくはココ → ディズニー映画「ローンレンジャー」公式サイト



内容は触れませんけど、大昔、私が生まれる前にやっていたTVドラマのリメイクですね。
その前はラジオ劇だったそうです。
TVドラマは再放送で観ましたね。って半世紀近く前の事なので記憶があやふやなところが
ありますけど。

ローンは孤独とか一人とかで、レンジャーは騎馬警察隊とか特攻隊員とかの意味ですから、
「孤独な騎馬警察隊」とか「ひとりぼっちの特攻隊員」てな意味ですかね。
無茶なローンを組んだ人じゃないですよ。


映画は痛快娯楽西部劇って感じでしょうか。
アッという間の150分でした。
ご覧になって損はないと思いますよ〜♪


あと別件なんですけど、気になったのが予告編。
映画本編が始まる前に、近々封切られる新作の予告編がありますよね?10分間くらい。
あれみて、え〜?ってなっちゃいました。

覚えてるのがこんなラインナップでした。

スタートレック イントゥ・ダークネス
公式サイトはココ → スタートレック


スーパーマン:マン・オブ・スティール
公式サイトはココ → スーパーマン

ワールド・ウォーZ
公式サイトはココ → ワールド・ウォーZ


この辺りは「地球」が異星人やら謎のウィルスに襲われて壊滅しそうって設定なんです。
それにヒーローとか勇気ある人間が立ち向かうと・・・。
なんだか全部観ちゃうと内容が区別できなくなりそうですよ。

あとホワイトハウス・ダウンなんてのもやってましたけど、これもアメリカ映画ありきたりの
重要な施設が占拠され、それ救出する特別な人間が人質を救出に向かう」みたいな
感じでしたね。

CGてんこ盛りで派手に爆発させて、最後は正しい者や人間が勝つというタイプばかりが
目立ちますよね。
かといって、アニメ実写化のガッチャマンだのタイガーマスクだのも、何だかナーですが。


最近の映画業界と周辺ってこんな感じでしょうか・・・


映画産業の斜陽化が叫ばれる
  ↓
新しい技術(CG、3D)の開発と導入
  ↓
チケットが更に値上がり
  ↓
新しい技術に頼って内容のレベルダウン
  ↓
更に客離れ
  ↓
過去の素材(アニメやドラマ)のリメイクや実写化が増える
  ↓
更に客離れ
  ↓
先頭に戻る


今ってこんなループですかね。


まぁ、自宅で誰にも邪魔されずイライラさせられず、ゆっくりとDVDだのBDだのを
楽しめるようになったというのが大きいんでしょうね。
あとTVで放映しますしね。
ゲームやスマホやインタネットなどなど・・・娯楽やひまつぶしもすごく増えましたし。


そしてなんでチケットが高くなってきたかというと、最新技術や音響設備のために劇場に
お金を掛けなくちゃいけなくなって来たのと、制作費だの俳優さんへの人件費が高すぎる
んでしょうね。
ハリウッドで俳優さんや制作者側の組合とかがどんどん金額を吊り上げてしまうのが
原因なんでしょうけど。


でも調べてみると、映画館(単独館、複数の映画館の同居ビル、シネコン)のどれを
とっても、10〜15%くらい座席が埋まると黒字みたいですね。
つまり座席数の15%くらいのチケットが売れれば良いということですか・・・。
シネコンが増える訳だ・・・。

そりゃ、何かを改善しようなんて気も起きないし、駄作ばかりでもいいってことですね。

詳しくはココ → 「映画産業には十分余力がある



映画産業が上向きになるためには何が必要でしょうか?

ステキな脚本」と「適切な(魅力的な)料金設定」かな。
あと「儲けが配給・興業側だけで制作側に還元されない事の改善」ですかね。


足りない頭なりに考えてみましたけど、どうでしょう?
全然ダメかしらん?

posted by グリーン at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

映画2013 Apr. -アイアンマン3-


昨日は暑かったですね。
出かけるときに半袖で行くか長袖で行くかちょっと考えちゃいましたもん。
まぁ、行き先で冷房が入ってる可能性もあるので、長袖にしました。

で、どこに行ったのかというと、例よって映画館です。
品川プリンスシネマで夫婦でどちらかが50歳以上だと一人1,000円ってヤツです。
品川駅から徒歩2〜3分で、横には水族館や小さな室内遊園地もあります。


何を観てきたかというと、封切り2日目の「アイアンマン3」です。

ironman3.jpg

詳しくはココ → アイアンマン3公式サイト


ストーリーには触れませんけど、サブタイトルが「さらば---アイアンマン」ですからねー
マーベルコミックスに良くある「ヒーローの苦悩」みたいな部分が強調されてるって
ことですかね。
ま、アクションシーンとかは前回にもまして大迫力で、終わった後の脱力感がすごいです。
最後まで観ると「さらば---」がどの部分を指してるのかが判るんですけど、ちょっと釈然と
しない部分もありました。
まぁ、去年上映された「アベンジャーズ」をちょっと引きずって居る感じもするので、
そちらを観ておくといいかもしれないですね。


あと、最後のスタッフロールは必ず最後までガマンして観てくださいね。
このタイミングで席を後にした方がけっこう居ましたけど、もったいない・・・^^;


しかし、ロバート・ダウニーJrって格好良いなぁ。
彼のための映画って感じがします。
あと恋人役のグゥィネス・パルトロウすけど、こんな役もやらないといけないのか・・・と
ちょっと複雑な気分でした。
イメージ的に影のある大人しい感じの淑女ってイメージだったので。


さぁ、みなさんゴールデンウィークは映画を観ましょう♪
もともと「ゴールデンウィーク」という言葉自体、「掻き入れ時」だというので映画業界が
作った造語なんですから。



posted by グリーン at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

映画2013 Feb - 不死身/最後の日 -



今日も雪が降りましたね。
それも北風が強いのか横殴りの雪です。
寒っ・・・。
昨日は24節気の「雨水」で、「雪が雨に変わる時期」ってことなんですが、今年は雪が
よく降りますよね。
地球温暖化なんてどこ行ったんでしょう・・・って感じです。
まぁ、雪国はこんなもんじゃないんでしょうけど。


さて先週末ですけど、映画を観てきました。
夫婦でどちらかが50歳以上だと1人1,000円で観られるって制度を利用してですね。
1,000円だと映画も気楽に観られていいですね。

で、観てきた映画は「ダイ・ハード/ラスト・デイ」です。
あの全身傷だらけになって走り回る、ブルース・ウィリスさんのシリーズものです。
今回は5作目ということで、1作目の「ダイ・ハード」が1988年公開でしたから25年目の
作品ですね。4作目からは6年振りですか。





内容については、まだ上映中なので詳しく触れませんけど、このサブタイトルの「運の
悪さは遺伝する
」という文句そのままの内容でした。

まぁこの「運の悪さ」が「最も不運なタイミングで、最も不運な場所に居合わせる、最も
不運な男であり、簡単には死なない(ダイハードな)男
」レベルなので遺伝された方も
たまらないでしょうけど。

私の好きな言葉に「幸運は呼び込む努力をする者のところにやってくる」というのがある
んですけど、それと同じパターンでしょうか。

私は「『幸運』とは、日頃何かをしていてそれが連鎖反応的に周り廻って自分のところに
良い結果として戻ってくるという意味
」だと思ってるんですが、ブルース・ウィリスさんの
場合は「『運の悪さ』とは、日頃何かをしていてそれが連鎖反応的に周り廻って自分の
ところに悪い結果として戻ってくるという意味
」なんでしょうね。

いえ、彼が日頃から悪さをしてるって事じゃなくて、「変だなと思った事をそのままにできない
という性格がそうさせてるのかなと。


「ダイ・ハード」シリーズでは、やっぱり1と2作品目が好きですね。
なんといっても、薄着で血まみれになりながらも走りまくる行動力と、同時に「なんで
こんな事になったんだ」とか「どうしてこんな目に遭うんだ」とかいう自問自答も結構
笑えました。
あれだけ暴れて置いて「どうして・・」もへったくれも無いもんだと思いますよ。
まぁ、その「行動してから悩む」って姿に、ある意味感動したんですけどね。

それが「ダイ・ハード3」から、悩んで後悔する部分をサミュエルLジャクソンさんに
任せちゃったじゃないですか。
あの方の演技力はすごいですけど、マクレーン(ブルース・ウィルス)さんの魅力が
半減しちゃったかなーと。


これからまた数年して、シリーズ6作目が出て欲しいですよね。
「ダイ・ハード 帰ってきたマクレーン」とか「ダイ・ハード がんばれマクレーン」とか
「ダイ・ハード マクレーンお達者クラブ」とか・・・

でもブルームーンとかピンクキャデラックとか好きだったなぁ。
ふぅ。



posted by グリーン at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

映画2013 Jan. - 東京家族 -



今日はやっと平年並みの気温とかで、昼間は案外暖かかったです。
ちょいと近所まで出かけたんですが、パーカーにダウンベストくらいで十分ってかんじ
でした。
ただ北側の日陰には積み上がった雪が残っていてヒンヤリしましたけどね。
来週は火曜日と木曜日に雪がちらつくという予報なので、もし雪が降ると前の雪が
溶ける前にまた雪が降るなんて、東京東部では滅多に見られない事態です。
交通機関が色々とありそう。


さて、今日は今年一本目の映画を観に行ってきました。
最近やたらとTVの各番組で宣伝しているあれです。

そう山田洋二監督の「東京家族」ですね。


東京家族.jpg

詳しくはココ → 東京家族公式サイト



初日なので内容については触れませんけど、ハンカチは1枚で大丈夫でした。
念のため2枚用意して行ったんですけどね^^;;

まぁ最後に「小津安二郎監督に捧げる」とあるように、小津監督の「東京物語」のリメイク
なんですね。ぶっちゃけ。
まぁ、最近ではオマージュとか言うんですけど。

小津監督の「東京物語」は世界的にも有名な作品で、いくつかオマージュという形で作品が
撮られてるみたいです。


この作品はどうでしょう・・・若い人がどんな感想を持つのか聴いてみたい気もします。
50を過ぎた人間がみると色々考えることも多いですけど。
もっと上の世代だと「こんなもんよねー」ってことらしいです。

映画館はものすごく平均年齢が高くて、60代が一番多かった様な気がします。
上映が終わって捌ける際に、聞こえてくる会話は「現実はこんなもんよねー」とか「実際
にはこんなに綺麗に行かないわよ」とか経験した人の意見なんですかね?

TV番組内の宣伝?で役者さんが語る内容については、実はほとんど核心をついていなかった
ような気がします。
なので是非、実際に作品を観てみることをお勧めします。
もう一度観に行こうかな・・・誰か誘って・・・
そんな映画です。


それにしても映画館内部の暑いこと!
終わってから外に出た時の気温差を考えるともっと室温を下げてもいいのでは?と思い
ましたよ。
今回なんてお年寄りが多いんですしね。
あちち・・・



posted by グリーン at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

映画2012Dec


12月になりましたねー。
今年もあと1ヶ月・・・。
そして、12月に入った途端、すごく寒くなりました。
やっぱり冬はこうじゃなくちゃ・・・と思う反面、ちょっと痩せたので(しつこい?^^;;)寒さが
身に染みます。


さて昨日、12/1は「映画の日」でした。
これは1956年6月29日に、日本映画連合会の総会で決まったそうです。
なんでも1996年(明治29年)の11月下旬に映画が一般公開されたからで、11月下旬だと中途半端なので
12月1日にしたんだそうです。

で、私も映画を観に行って来ました。
映画の日なので大人1,000円なんですよね。

観てきたのはこの作品「007スカイフォール」です。


skyfall.jpg
劇場の入り口にあった看板を撮ってみました。

世界中で結構人気のある「ダニエル・クレイグの007」シリーズ第3作です。
007シリーズでは、通算23作目だとか。

内容は・・・うーん。
けっこう暗かったですねー。面白いのは十分に面白かったですけど。
世界的にも評論家の評判は上々らしいです。

初代ショーン・コネリーに比べると「オシャレ」や「気取った」部分が少なくて、生々しくて
泥まみれ、一所懸命って感じですかね。
世界的な不安、在来組織の見直し(仕分け?)、裏切り、世代交代と今の社会を象徴するような
設定となっています。

興味のある方はココ → 007スカイフォール公式サイト


さて、私が観に行った映画館は、館自体が前傾してイスが並んでいて前の人の頭があまり邪魔に
ならないタイプなんですね。
そして前の座席との間隔もけっこう広い方なんです。

そして、今回は封切り初日で、かつ世界的に有名な007だったせいか、外国人のお客さんも多かったです。
だけど、私の後ろに座った白人男性の若者が何度も私のイスの背中を蹴るんですよ。
わざとでは無くて、足を組み替える際に当たっちゃうんでしょうけど・・・。

映画の最初に「携帯電話は使わないで」、「前のイスを蹴らないで」、「録画録音は犯罪です」とか
注意の画像がでるのに。
映画に集中してるときに背中蹴られると、がんばって英国英語モードになっているのに、集中力が
切れてすごく嫌なんです。

上映中に騒ぐと他の人への迷惑になるので、映画が終わったとき立ち上がってキツ目の声で文句を
言いつつ振り返ると・・・。
そこには2mを越える白人男性が体を小さくして座っていましたとさ。

あれじゃ、ちょっと身動きするだけで足が前に当たるよねーって感じです。
向こうも私の怒りを理解してたみたいで、謝ってきたので許しちゃいました。

うーん、やっぱり世界的な有名作品だと外人さんも多いよなー・・・とか思いつつ。
釣りバカ日誌とか三丁目の夕日とかだと、日本人、それも平均身長のジジババが多いからこんな事も
ないんだよなー・・とか。


やっぱり家でゴロゴロしながらDVDだのBRだの観てる方が、楽でいいなぁ。
お酒も呑めるし、配偶者と話しながら観られるし。



posted by グリーン at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

ローマの銭湯


本日は良い天気で暑かった東京方面です。
ゴールデンウィークの初日だからと言う訳じゃないですけど、ちょっと映画なんて観てきました。
ちなみにゴールデンウィークの語源自体が、「昭和26年に、今は無き大映の専務(当時)の
松山英夫さんが命名したもの
」って事で、映画業界が作った言葉らしいです。


さて、観てきたのは「テルマエ・ロマエ」です。

テルマエ.jpg


公式サイトはココ → テルマエ・ロマエ

内容はこれからご覧の方のために書きませんけど、興味のある方は上のURLにある公式サイトを
ご覧下さい。


これは、この作品にというより映画業界への個人的な意見なんですけど、1,800円は高いなぁと
思います。
この作品は、けっこう笑えるんですけどね。
ある意味、出落ち的な笑いが多いような気がしました。
まぁ、ギャグ漫画が原作なので、この方向性はしょうがないのかも知れないですけど。

で、ハリウッド映画なら1,800円OKなのかと言われると、それも高いと思ってます。
映画が斜陽産業だって言われるのって、売れてる他の媒体(アニメや小説や漫画など)を原作と
してばかりですよね。
この時点で凋落が始まってるのかと。
更にそれを加速させてるのが、レンタルDVDやBDの存在ですか。


アメリカの映画業界では、もともと通常は8ドル(600円くらい?)で上映してるんですけど
ナントか単価を上げようとして、3Dとかの付加価値をつけたがってるんですよね。
日本なんて、高いのに更に意味もなく3D化とかいって価格あげようとしてるし。

実は私が良くお世話になってる映画館は、夫婦でどちらが50歳以上だと、2人で2,000円なんです。
つまり、1人1,000円。
この価格なら、まぁ外しても(自分の好みじゃなくても)いいかな・・と思えるんで、色々と
観に行ってるんですね。


外すことが多くなったら、レンタルや販売されてるDVDはBDを、家で観ることが多くなるんで
しょうね。
楽だし。レンタルだったら安いし。TVも大画面になってきたし。


・内容と製作技術(CGや3D化)のバランスがとれてない
     ↓
・値段が高い(高く感じる)
     ↓
・上映中の館内でものを食べる音と匂いがいやだ
     ↓
・だったらDVDなどで十分

といった流れじゃないですかね。

作る方からしたら、低予算とか色々な制約が多い、製作日数の短縮化とかもあるかもしれません。
あと、映画以外の娯楽、ゲームやコンピュータ関係など発達していて楽しいってのもあるかも
しれませんね。


TV番組も最近は、ほんと面白いものが無いので、「本編」と呼ばれる映画業界にはがんばって
欲しいんですけどね。
昔観て、すごく感動したり考えさせられたりした映画を覚えているから、映画館には通うんですけど。


・・・と知ったかぶった勝手な感想でした。






posted by グリーン at 18:37| Comment(0) | 映画・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする