東京電力圏内の「電力使用状況」を表示するパーツを削除しました。


動作してないんだもん!

2015年02月18日

パクチーラーメン


こんばんは〜♪
今日は朝方ちょっと雪が降りそのまま冷たい雨に変わって1日が終わる東京方面です。
寒いですねー

こんな寒い夜はちょっと呑んだ後に暖かいモノが食べたくなります。
簡単に食べられるカップ麺や電子レンジ鍋物とかいいですね。
カップ麺も昔は油と塩分とスチロールカップ(環境ホルモン)の固まりとか言われて
いましたけど、最近では野菜多め麺少な目とかカロリー200kcal以下とかカップは紙製
とか色々考えてありますよね。

で、以前はマルちゃんとかの生麺みたいなインスタントラーメンとかを食べてましたけど
最近はこれです。

パクチーラーメン!

パクチーラーメン.jpg

ベトナム製の袋ラーメンなんですけど、丼に乾麺とスープやペーストと水350ccを入れ
電子レンジで3分30秒で食べられるんです。
パクチーが好きな人にはたまらな手軽さです^^
一袋88円で購入してきました。


裏の説明書もちょっと前までは日本語のシールが貼ってあったのに、最近では最初から
日本語が印刷されてるんですよね。
あ、表面にも日本語が入ってる!
現地生産で日本語対応・・・どれだけ日本で売れてるんだろう・・・。
今まで不定期入荷だったのが、「明日から定期的に入ってきます〜」とか店員さんが
言ってたし。
確かに手軽で美味しいもんなぁ。

パクチー嫌いな方もけっこう居ますけど、パクチーって実はコリアンダーだってご存知でしたか?
中国語とか東南アジア圏の言葉か英語圏の言葉かって事でしょうか。
スパイスとかは平気でコリアンダー使うけど、パクチーは苦手!って人もいるのかも。


体にも良いそうですから、試してみませんか?
パクチーラーメン。


美味しいですよ♪
お試しアレ〜♪


2015/2/20追記:
袋の裏には3分30秒電子レンジで・・・と書いてありますけど、この季節、水が冷たいせいか
500Wで4分から4分半くらい加熱しないと麺がちょっと硬めです。
ま、好みによって時間を調節してみてください。
posted by グリーン at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹膨ルルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

家庭の要


こんばんは。
ちょっと風は吹いてますけど、暖かいですね。
暖房無しで室温が20度越えてます。
なんだか春が近い感じ。
室内で香りを楽しませてくれた沈丁花の鉢を外の温室?に戻したら、朝はいきなり10度以下
なのでビックリしてるでしょうね。


さて、1月の終わりくらいだったでしょうか、なんだかずっと腰が痛いんですよね。
ぎっくりとかじゃなくて、筋肉が固まって痛いかんじです。
寝てもやっぱり痛くて良くならない状態が続きました。
で、そんな感じが続いた2月4日の朝、PCに向かうため椅子に座ろうとしたら、なんと
座れないんですよ。
前の方にずり落ちそうになるというか・・・
そこで一歩離れた位置から椅子をまじまじと眺めてみると。

slantchair.jpg

あ〜れ〜・・・
椅子がすごいことになってました。
すごく前傾しているのわかります?

座面下部とキャスターから伸びる支柱のつなぎ目が曲がってもげそうになってました。
さすがにずっとこの角度じゃないでしょうけど、徐々に曲がって前の晩に酔っぱらって
座ったりしたことでトドメが入ったんですね。きっと。


速攻で新しい椅子を注文し、清掃局に電話して粗大ゴミ引き取りの予約をしましたよ。
とほほ



ところで我が家はコタツとかが無いんですね。
すべて椅子の生活。
なのでPC用とはいえ椅子が無いのは相当不便でした。

一般家庭において無いと困るものNo.1は、洗濯機だとずっと思ってましたけど、椅子も
けっこう困るんだということがわかりました。

あ〜季節が夏なら私的にはエアコン、家族のためには冷蔵庫も重要かな。
子供はスマホですね。きっと^^;;
親じゃないところが悲しい・・・

一度、本当に必要なモノとあれば便利なモノ、無くても平気なモノを仕分けしてみよう
かしらん。
いらないモノ捨てたら部屋が広くなるだろうなぁ。


posted by グリーン at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

2年前の事件


こんばんは。

一昨日、節分絡みの記事を書きましたけど、そこで2年前に書いた記事をリンクしました。
で、リンクしたついでに読んでみてびっくり。
一番最後にこんな事が書いてありました。



海外の一神教の神々(というか信者?)に教えてあげたいですね。
海外の場合、宗教が元で戦争することが多いくらいですから。

戦争して何かが救われるんですかね。
日本人を人質にして、最終的に殺しておいて、何が聖戦? 何が宗教?
単なる排他的自己満足人間のエゴじゃないですか。


そんな事を考えた、節分でした。




え?なに?いつのこと?って思いました。
2年前にも今回のイスラム国みたいなことあったの?

で、考えてみたら・・・・日揮とかアルジェリアとか思い出してきましたよ。
そうか、アルジェリアでイスラム系武装集団が天然ガスプラントを襲撃して、たくさんの
人質を取ったんでした。
その中に日揮というプラント建設会社の関係者がおり、最終的には7名の日本人が犠牲に
なったんですね。

この日揮とは横浜本社で仕事したことがあったので、当時、結構ショックを受けた覚えがあります。



ん〜・・・
なんて事でしょうね。
イスラム圏の人がみんな、テロリストって訳じゃないのはわかっていますけど、なんだか
フィルター掛かちゃいます。
一昨年は宗教がいけないんだ・・・みたいに書いてますけど、実際のところは、戦場の
カメラマンの渡部陽一さんが仰ってましたけど、彼らは宗教の名を借りたテロリスト集団らしいです。
なので、宗教という部分に目をくらまされてはいけないんでしょうけど。

渡部陽一さんのお話に興味ある方は以下のリンクからどうぞ:

渡部陽一,イスラム国、人質問題、後藤健二さんを語る!(Youtube音声のみ)

説得力が凄い!戦場カメラマン渡部陽一が語るイスラム国について




そういえば当時、日本はどんな対応したんでしょうか。
特別な外交ルートとかで、あの手この手を打ったのかしらん?

あ、事件当時は、民主党政権だったんですね・・・
それも迷走した3年間の末期ですか。
外交手腕が全く無く、グダグダでしたね。


ふぅ。
posted by グリーン at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

節分 2015


こんにちは。

というよりご無沙汰してますの方が正しいですね。
ずっと更新していなくてごめんなさい。

ちょっとドタバタと色々あってやっと収束し始めたので、不定期になると思いますが
このブログの更新を再開したいと思います。


もう約1年ぶりなんですね。更新が。
本当は1週間前くらいに更新しようかと思ったんですけど、このブログの作成画面の
入り方忘れて右往左往しちゃいましたよ



さて先週と言えば節分でしたね。
節分って何?って方も少ないでしょうけど、一昨年書いた記事が以下のリンクにあります。

過去の記事はココ→ 「節分 2013年」  

要は節分って旧暦の大晦日で、厄年などは今のお正月で切り替わるんじゃなくて旧暦の
お正月、つまり今の節分で切り替わるんだってな事が書いてあります。


で、節分と言えば豆まきですね。
最近では恵方巻きとかも関東に浸透してきましたが。

先月末に深川のお不動様に節分に撒く(食べる)福豆を頂きにいきました。
その時の護摩修行の後、司会?のお坊さんが「今年の豆は昨年より大変美味しいと納入
業者が言っておりました」と言われていました。
たしかに今年の福豆は美味しかった気がします。

DSC_0920~01.jpg

そしてこの豆は北海道の大切な友人にも送ったんですけど、節分にはこの豆と殻付き
落花生を食べるそうなんです。
なんでも殻付き落花生はこの時期じゃないとスーパーとかで見かけないんだとか。


その辺り、近所の八百屋の親父さんと立ち話してるときに何気なく話したんですよね。

今年の豆が美味いって?豆だけじゃなくて野菜全般も美味しくない? 去年の秋頃から
気温が低かったでしょ、だから野菜が育つのに時間がかかったんだよ。普通30日なら
35日、60日なら75日とかさ。だからその分栄養分がたくさん作られてそれで
美味いんだよね。
」ですと。

更に落花生の件は
落花生はさ、千葉県産だとコストなんだよね。北海道に送るのに。
やっぱり殻から出した方が同じ金額でもたくさん送れるじゃん。それでも殻付きを
この時期に送るのはやっぱり節分の豆として落花生を使うところが増えたんだよ。
どこだと思う?それは幼稚園とか小学校とか小さい子供のいる家庭だよ。
昔は撒いた豆をそのまま拾って食べたけど、今って衛生面でうるさいからねー。
殻付き落花生なら拾ってから殻割って食べられるし、なんてったって掃除が楽だもん。

だそうな・・・。
なるほどナー。

やっぱりその道のプロはちがいます。


てなことで、一年ぶりの記事でしたけど書きたいことが意味不明でごめんなさい。
これからちょっとずつがんばってマトモな記事が書けるようにがんばりますね♪

よろしくおねがいします^^


posted by グリーン at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

ガム禁止 その後



あけましておめでとうございます

って、もう3月なんですけどね。
すみません、ずっとご無沙汰してました。


なんだか昨年末から公私共に忙しくなった上に、酷い風邪だかなんだかをひいてしまい
喉が腫れ、2週間くらい寝込んでました。

大晦日までにはなんとか復活したんですけど、年が明けると仕事が忙しくなり、確定申告も
迫り、あれやこれやのてんてこ舞いでブログのブの字も思い浮かばない毎日だったんです。
って、言い訳ですね。ごめんなさい。


さて、昨年末の症状なんですけど、鼻が詰まって息が出来ないのと、のどち●こが腫れて
痛くて水どころかツバも飲み込めない状態で、さすがに耳鼻科に飛んでいきました。
痛み止め以外にも抗生物質なんかも貰ったんですけど、これが全然効かないんですね。
あ、当然禁酒してましたよー。
で、薬を変えて貰い、強い抗生物質を飲みながら寝たきり生活でした。


こんなひどい風邪みたいな症状は久しぶりでした。
あちこち人混みに出かけた記憶も無いんですけどね。


ただ一つだけ気になってる事があります。
というか、いつもの冬と違う事なんですけど。


それは「ガム」です。


昨年の9/14に「ガム禁止」という記事を書いたんですけど、顎がカクカク言いだしたので、
ガムを噛むのをしばらく禁止されてたあれです。

過去の記事はココ → 「ガム禁止」



私がガムを噛むのには理由があるんです。
まぁ、理由というか思いこみなのかもしれませんけど。
それは・・・唾液の分泌促進なんですね。

そしてその唾液の分泌促進のおかげで次のようなメリットがあると信じています。


1.虫歯菌の繁殖や歯垢の付着を減らす

2.口腔内をウェットに保ち、風邪ウィルスなどの侵入を防ぐ

3.口の渇きを防ぎ、水分の取りすぎを防ぐ


このうち、1については長期に渡り歯科衛生士さんに誉めていただいてるので案外
本当に効果があるのかもしれません。


で、昨年末の喉の腫れに始まる風邪の諸症状ですけど、ガムを噛まないことにより
2のメリットがなかったんじゃないかな・・・と。

なので、新年からあちこち出かけることが多かったので、またガムを噛んでいます。
そのせいか風邪関係はまったくひいていません。

まぁマスクをしても同じなんでしょうけど、マスクするとメガネが曇るんですよね。
それが嫌でマスクは出来るだけしたくないんですよ。



でもガムをかみ始めて早二月・・・
また顎がカクカク言いだしてます。

ってことは、やっぱり顎の音はガムがいけないのかなぁ・・・
風邪はひきたくないし、顎の音は気になるし・・・。

大丈夫.jpg

今週、歯科に行ってこよかな。
とほほ。



posted by グリーン at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

ピッチドロップ - 決定的瞬間



冷たい雨が雪になるかと思ったら、ミゾレで終わっちゃいましたね。
まぁ路面凍結とかあるかもしれないし、注意することに越したことはないんですが。
しかし冬ですねぇ。
昼間は暖房つけてないんですが、室温15度を切ってます。
手袋してキーボード打つのはだいぶ慣れてきましたけど。


さて、以前「ピッチドロップ」という記事を書きました。
固形状態のタールを砂時計みたいなのにセットして、それが変化して一滴垂れるのを
観察するというあれです。
流動性は蜂蜜の約200万倍で、1滴垂れるのに10年以上掛かるみたいですね。

昔の記事はココ → ピッチドロップ(2011年12月17日)



ピッチドロップ.jpg
在りし日のメインストーン教授とピッチドロップ装置


この実験は、オーストラリアのクイーンズランド大学のメインストーン教授が実験責任者
で、今までの経過から今年には1滴のピッチが落下するだろうと期待していたようなのです。
しかし、その落下を見ることもなく今年の夏にメインストーン教授は亡くなってしまいました。
さぞかし残念だったでしょうね。
今まで、落下を肉眼で見た人はおらず、2000年の滴下時にはカメラで録画していたのですが
機材のトラブルでフィルムには何も映っていなかったそうな。


ピッチドロップ年表.jpg
ピッチドロップ実験の年表(Wiki先生より転載)


ところが、この実験が始まった1927年から遅れること17年の1944年に、アイルランドの
ダブリン大学トリニティカレッジで同じ実験が開始されていたんです。

そしてなんと!そこで今年2013年の7月18日に決定的瞬間が動画で撮影されました。



右側の時計をみると相当早廻ししてるのが判ります。


今年亡くなったメインストーン教授もこの動画をご覧になったそうですけど、悔しかった
でしょうね・・・。
この動画の約一ヶ月後に脳卒中で亡くなってるので、精神的ショックも引き金になったのかも
しれません。
ご冥福をお祈りします。



さて、この実験ですけどどんな目的があるんでしょうね?
まぁ、イグノーベル賞を頂いたくらいですから、マジメに問うてもいけないんでしょうけど。

今回、動画撮影に成功したベルギン教授がこう述べています。

人々は、この実験が好きでたまらないのです。なぜならば、この実験には科学の本質となる『好奇心』が備わっているからです。私はこの滴が垂れる瞬間のビデオを何度も、何度も見直しました。なぜならば、滴が垂れる瞬間が目撃されたのはこれまでになかったからです。



なるほどね・・・
好奇心って大切なんですね。

そう言えば、人間の進歩を妨げる最悪の言葉は「あぁ、それ知ってる」だそうですから。
確かに、そこで止まってしまいますよね。
好奇心に心がトキメカないと・・・。


私なんて歳のせいか「好奇心」より「猜疑心」の方が強くなってきていて・・・
東電のせいかしら・・
ふぅ。




posted by グリーン at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする